記事
  • ロイター

東映、シネコン休業で4─6月期純利益は80%減 巣ごもり支えに黒字

[東京 12日 ロイター] - 東映<9605.T>は12日、2020年4―6月期の純利益は前年同期比80.2%減の6億円だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府による緊急事態宣言などでシネコンの休業やイベントの中止が重しとなったが、家庭でのビデオ視聴などの巣ごもり需要が下支えして黒字を確保した。

人気アニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版」などほとんどの劇場用映画の公開が延期となったほか、テレビ用映像作品も制作中断で受注が減少した。一方、劇場用映画などの放映権やビデオ化権、VOD(ビデオ・オン・デマンド)事業者向けのコンテンツ販売といった巣ごもり需要が支えとなった。「ドラゴンボール超 ブロリー」の劇場上映権販売は北米で好調だった。

4―5月にシネコンを休業した興行関連事業やキャラクターショーなどのイベントを中止した催事関連事業は、いずれも営業赤字。休業期間中の人件費、地代家賃、減価償却費などは特別損失に計上した。シネコンは6月以降、座席間隔を空けるなどして営業再開している。通期予想は未定。

あわせて読みたい

「東映」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  3. 3

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  6. 6

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。