記事
  • ロイター

JFE、今期1000億円の事業損失予想 来期鉄鋼事業黒字化へ


[東京 12日 ロイター] - JFEホールディングス<5411.T>は12日、2021年3月期(国際会計基準)の連結事業損益が1000億円の赤字(前期は378億円の黒字)になるとの見通しを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、自動車などで鋼材需要が減少した。ただ、4―6月期が底と見ており、7―9月期以降回復。来期には鉄鋼事業の黒字化を見込んでいる。

21年3月期の純損益は1000億円の赤字予想。リフィニティブがまとめたアナリスト9人の予想の平均は676億円の赤字で、会社予想はこれを下回った。同社は、5月時点での通期見通しの開示を見送っていた。

前期20円だった中間配当はゼロとし、期末配当は、下期以降の儒教を見極めて判断するとした。

赤字の最大の要因は、新型コロナによる鋼材需要の減少。今期の単独粗鋼生産は2200万トン程度で、前期の2673万トンから大きく減少する。

ただ、上期の1000万トンに対し、下期は1200万トンに回復するとみている。鋼材需要は、4―6月期を底に、自動車の回復や土木分野の季節的要因により、7―9月期以降の増加を見込んでいるという。柿木厚司社長は、現在一時休止している西日本製鉄所福山地区の高炉について「再稼働を検討する。8月下旬までに結論を出し、動かすとなれば送風を開始し、再稼働は10月になる」と述べた。

セグメント損益を見ると、鉄鋼事業は上期1450億円の赤字だが、下期はゼロ。柿木社長は「21年度には必ず黒字化を達成する」とし、500―600億円規模での黒字化を目指す考えを示した。

4―6月期の連結売上収益は前年同期比19.8%減の7439億円、事業損益は472億円の赤字(前年同期は307億円の黒字)、純損益は391億円の赤字(同197億円の黒字)だった。

*内容を追加します

(清水律子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  6. 6

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  7. 7

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。