記事

「八月や六日九日(むいかここのか)十五日」戦争を体験した毒蝮三太夫が語り継ぐ生の声

1/2

この時期はさ、永六輔さんがいつも言ってたあの言葉を思い出すよ。

『八月や六日九日(むいかここのか)十五日』

8月6日に広島、9日に長崎に原爆を落とされ、そして15日に日本は敗戦、ボロボロになってようやく終戦を迎えた・・・。昭和20年8月はそういう苦難の日の連続だった。この歴史を絶対に忘れてはならないという警句だ。この句、ここで一年前も紹介したっけ。

BLOGOS編集部

こうして夏が来るたびに戦争を思い出して語り継ぐのは、戦争を経験した者のつとめであり使命だと思ってる。俺は昭和11年(1936年)生まれで現在84歳。終戦を迎えた昭和20年(1945年)に9歳だった。昭和20年5月24日の城南大空襲に遭って必死に逃げ回った。あんな思いは二度としたくないよ。

戦争が起きると日常がどう変わるか、どれだけ悲惨なことになるか、俺はそれを自分の声で語り継ぐことに意味があると思ってる。記録や資料ももちろん重要。だけど経験者が直に語る言葉には、人から人へとダイレクトに伝わるチカラが備わっていると思う。

年々、戦争を経験した世代は高齢化して亡くなっていく。経験者の生の声が減っていくことが居たたまれないけど、俺は語れる限り語っていくよ。

米紙が掲載した「原爆投下は必要なかった」

AP

今年は戦後75年という節目の年だ。まずはこの75年間、日本が戦争に巻き込まれなかったこと、どうあれ平和であったこと、それはとてもありがたいことだとつくづく思う。

節目の年ってことで、これまで出てこなかった資料や証言が出てくるってあるよ。ずっと仕舞いこんできたものでも、それを墓場まで持ってっていいのか、後世のために遺しておくべきじゃないかって良心の呵責が働くんだ。

そんなニュースのひとつに、広島・長崎の原爆投下に関して、本当は「必要なかった」ことだったってアメリカの新聞に掲載されたってのがあったよね。ちょっと編集部、紹介してみて。

編集部「ロサンゼルス・タイムズ紙(8/5)に、『米国は核時代の幕を開ける必要はなかった』と題した、歴史家のガー・アルペロビッツ氏と、ジョージメイソン大教授のマーティン・シャーウィン氏による共同寄稿が掲載されました。アメリカ国内では日本への原爆投下という歴史に対して、あれは戦争終結に必要であり、原爆投下によって多くのアメリカ兵の命を救った、という主張が主流ですが、今回の歴史家による寄稿では、当時のトルーマン大統領は原爆を使わなくても日本が近く降伏すると認識していたことは証明済みである、という内容です。歴史認識をじっくりと改める必要があるのでは、というものです」

原爆を日本に落としたアメリカは「あれは必要だった」って言い方をずっとしてきた。米国民に対してもそういう歴史教育を長く続けているよね。「日本を降伏させて戦争を終わらせ、アメリカ兵の犠牲を増やさないために必要だった」って話なんだけど、それはやはりオモテ向きの言い分だよ。

ウラから言えば、「すでに日本の敗戦は決定的だが、開発した新兵器である原爆を実際に試してみたい。その威力を世界に見せつけ、アメリカの軍事力を誇示しておきたい」ってことがあったはずだ。

Pixabay

戦時中、ドイツも日本も原子爆弾の研究に取り組んでいたんだよな。結局アメリカが世界に先駆けていち早く開発し、実験も成功させた。そうなれば次は実戦で試したい・・・となるよ。新しい武器って出来たら使いたくなるものなんだ。だって使うために延々と時間と資金を注ぎ込んできたわけで、それを使いたいと思ってしまうのは宿命みたいなもんだよ。

その中で、1945年7月26日、米英中は日本にポツダム宣言を出した。日本に無条件降伏しろと突き付けた。戦争終結に向かう大きな一手を打った。すでにこの時点で連合国側のスタンスはいかにして終戦させるかという状況だった。だからポツダム宣言を出した。

なのにアメリカは、ポツダム宣言から12日後に広島、15日後に長崎に原爆を落としたわけだ。

結局、トルーマン大統領はアメリカが開発した新兵器である原子爆弾を試したかったんだよ。終戦後、すぐに米軍は広島・長崎に入って原爆の効果を現地調査している。新兵器がどれだけの威力だったか、そのデータをいち早く収集したかった。世界に先駆けて原爆を使うことで、世界にアメリカの軍事力を誇示し、戦後の覇権をより強めるため原爆を投下をしたんだよ。

「抑止力」を謳っても使いたくなるのが武器・兵器

これに通じる話なんだけど、ちょっと話は変わって、幕末に新選組がどうして強かったか? 幕府に反目する尊王攘夷運動を抑えるための浪士を募った。お上公認で武士ではない者を武士の格にとり立てる話だ。要は兵隊集めだ。戦力になれば誰でも良かったわけだ。そこに、これは出世のチャンスだってんで、ワーッと集まった。

俺も八王子に行った時、新選組の末裔って人に会ったことある。普段は農家だったりするんだけど、それだけでなく大きな農家は青空道場みたいのを持っててさ、土地の若いもんが土の上で木刀を振り回したりしてね。そこに幕府から「浪士募集」の御触れが出たから、我も我もって若者が詰めかけた。最初の募集で200人ぐらい集まったってね。

それから京都に移って、段々と残ったメンバーが新選組になっていった。木刀じゃなくて帯刀だから、いざとなったら薩長相手に刀を抜いて斬っていい。お上公認。それで給金も出る。職業兵であり傭兵だ。幕府の後ろ盾があるから鼻息も荒い。これがどんどん先鋭化していく。任務があって、刀を抜いて、相手を斬って、功を立てれば格も上がる。つまり斬れば斬るほど出世する。となれば、腰に差した刀を使いたがるよ。

武器や兵器を「抑止力」という見方で捉える面もあるよ。だけど武器や兵器って、持てば使いたくなるんだよ。試してみたい、使ってみたい、そういう気持ちを掻き立てる魔力みたいなものがあるんだ。アメリカが使った原爆も、新選組で農家から出てきた若者が腰に差した刀も、そういう魔力を帯びてたってことだ。

そして、それらを使う時は「試したい、使いたい」という本心を隠すため、必ず「正当防衛」を声高に出すんだよな・・・。

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。