記事

今回は文化行政の補助金の問題点が凝縮している。面白くないから補助金を出さなかったわけではない。- 2012年10月04日のツイート

まずは大阪市のHPに徹底した事業分析のレポートと、僕とレポート作成者のメールのやり取りを全部公開しているのでそれぐらいは一読してコメントして欲しい。今回は文化行政の補助金の問題点が凝縮している。面白くないから補助金を出さなかったわけではない。

水道橋氏も行政についてコメントするなら、いい加減なコメントはご法度だ。本日の技芸員との意見交換会は全てフルオープンでやっており、近々大阪市HPに掲示する。何が問題点なのかをもっと勉強すべきだ。行政のコメントはそんなに甘いもんじゃない。

では今回の文楽補助金問題についてどこが論点とお考えですか? RT @s_hakase: そうは言ってないです。RT @t_ishin ABC放送キャストの伊藤キャスター、コメンテータの水道橋氏、森永氏は「橋下は文楽が面白くないから補助金を出さない」とコメント。こういう勉強不足のコ

3日毎日新聞夕刊、京大教授のコメントもひどかった。こういう人たちが文化をダメにする典型例。補助金さえ出していれば文化が守れると考えている人たち。文化を守るためにどういう補助金の制度にしなければならないのか、今の補助金制度のどこが問題なのかについて何も検討しない。

そして文化に対する補助金を問題視すれば、もっと文化を勉強しろ、勉強が足りないといつもの批判。そりゃ、僕は文化人ではないだろうが、それでも補助金制度についてはプロだ。補助金は金の出し方が悪ければ、支給対象者を悪くする。金を出せば良いってものじゃない。出し方が重要。

水道橋さん、今回は文化の問題じゃないです。補助金の出し方の問題。3日の技芸員の皆さんとの意見交換会で大体論点は出尽くしました。国も、きちんとやっていない。とにかく一定の金を出し続ければそれで良いという態度。技芸員の皆さんは文楽をもっと多くの皆さんに楽しんでもらいたいという熱い思い

そうであれば、そのような目的を達成する補助金の出し方にしなければならない。今の補助金の仕組みは問題だらけだ。技芸員の皆さんは、理解して下さった。国が動かないなら、大阪から新しい制度に一歩踏み出す。本当に文楽を振興させるための制度に。水道橋さんも、この辺をもっと勉強して下さい。

振興を訴え続けてきて、全てフルオープンでやっているので、あとは報道が対立構造に。大阪市のHPの資料を読めば、僕が何を考えているかは分かります。今の補助金制度は振興の補助金になっていませんRT @s_hakase: 補助金を個別に精査、問題視しジャンルを問わず公平性を保つ姿勢は正し

姿勢だけではなく、どこが問題点なのかです。ここをきちんと指摘したコメンテーターは皆無です。大阪市のHPの資料には全て記載しています。昨日の意見交換会においても全て出ました RT @s_hakase: @t_ishin 補助金を個別に精査、問題視しジャンルを問わず公平性を保つ姿勢は

皆さん、これで僕をチェックして下さいRT @ShinichiUeyama: 株式会社共同通信デジタル:橋下徹大阪市長(新党「日本維新の会」代表)の会見全文速報を配信開始 - 共同通信PRワイヤー47NEWS(よんななニュース) http://t.co/tCiYCoxt

画像を見るRT @oneosaka: RT @RokiSaka: 水道橋氏言ってないと言いますが、「橋下市長が面白い面白くないと言うべきでない。それと補助金の判断は違う」言って、さらに伊藤アナ「市長は自分が面白くないからつけない、という論理」に対し、水道橋氏「おかしい」と言ってましたよね

昭和38年から見直しもなくずっと続いてきた文楽への補助金制度がやっと変わりそうである。技芸員の皆さんも文楽を振興させたいと考えていらっしゃる。昨日は良い意見交換会ができた。技芸員の皆さんの思いが実現できるような新しい制度設計をする。ただし関係者皆が当事者意識を持たなければならない

僕は一般有権者が何を言っても自由と考えています。しかし公共の電波を使ってコメントする者は準公人。そこには大きな責任が伴います RT @s_hakase: 「僕の全てを晒す」と言うお上は良いお上ですが「全てを晒している僕の全てを知らなければ僕については何も言ってはならない」という

今の文楽補助金は文化遺産として守るだけの構造。振興させるための補助金になっていません。古典が重要なのは分かりますが、大阪府民市民の多くが文楽を観に行ったことがないのも事実 。古典だけでなく新しいものをというのは、技芸員さんも思っていたこと。 @s_hakase:

しかしその新しいことをしっかりやって、多くの新しいファンを獲得するような事業を展開できるようなシステムになっていません。これは現在の文楽のシステムの問題です。古典だけで新しいファンを開拓するのは難しいということを言い続けてきました。文楽の楽しみ方を知った人は古典を楽しめるでしょう

技芸員の皆さんも何とかしたいという思いだったのですが、文楽のシステムにはプロデュース機能、マネジメント機能が存在しません。テレビ局のスタジオとカメラさん、ADさん、番組進行表だけがあって、そこにタレントさんがいるだけのようなもの。

それでも良い進行表と技術の高いタレントさんであれば、分かる視聴者は分かります。しかし一般の視聴者はなかなかついてきてくれない。古典を大切にしながらも、プロデュース機能、マネジメント機能が必要です。このための制度にしなければなりません。しかし国は今までのことをやり続けるだけ。

文楽の仕組みについて国が動かないなら、大阪の補助金分を使って、制度改革をやろうとしたのです。古典は守ればいいが、振興させるためにはどうすればいいのか。今のシステムのどこが問題なのか。技芸員さんの思いがなぜうまく具体化できないのか。文化は大切、予算を付けろとは誰でも言えます。

課題を見つけそれを正していく。それが政治の役割。行政ではできません。今回のように大きな批判を受けるようなことは公務員にはできません。ましてや文化音痴だと思われるようなことは公務員にはできない。何も知らない学者連中にビビってしまうのです。だから政治がやるしかありません。

こちらこそありがとうございました。引き続き、厳しい目でチェックして下さい。一般有権者でなく、メディアでのコメントに対しては、僕も精一杯反論していきます。 RT @s_hakase: @t_ishin 貴重な時間をありがとうございました。

ありがとうございます! RT @JiRo__K__: 市が、補助金の使い道が不透明な団体に補助金を出すかを判断するため、公開の意見交換を提案した。意見交換の結果、市は問題是正を条件に補助金支給を決めた。 市側の対応がおかしいとは思えません。橋下市長、公務本当にお疲れ様です。

画像を見るRT @oneosaka: 昨日の対面の模様です。RT @pokelele: 平成24年10月3日 橋下市長と文楽協会および文楽技芸員との意見交換会 (2時間20分) http://t.co/e5Ru7vaw

画像を見るRT @s_hakase: Twitterより大変わかりやすい。RT @oneosaka 橋下代表の囲み取材2012/10/3(水)文楽協会・技芸員の皆様との意見交換会直後の感想、「遺産」の保護から振興へ(10:44~)、ここまでこじれた原因(14:29~)など http://t.co/wPk398bm

あわせて読みたい

「文楽」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  5. 5

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  9. 9

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  10. 10

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。