記事
  • ロイター

米卸売物価、7月は前月比0.6%上昇 抑制基調続く


[ワシントン 11日 ロイター] - 米労働省が11日に発表した7月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.6%上昇した。市場予想の0.3%を上回り、2018年10月以来約1年半ぶりの高い伸びとなった。ただ新型コロナウイルス禍からの景気回復の足取りは鈍く、物価は基調として抑制された状態が続いている。

前年同月比では0.4%下落。市場予想の0.7%ほどは落ち込まなかった。食品・エネルギー・貿易サービスを除いたコア指数は、前月比0.3%上昇。前年比では0.1%の伸びだった。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は、6月に前年比で0.9%上昇した。FRBは物価目標を2%としている。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「卸売物価の回復は緩やかで、FRB当局者がインフレ圧力を強く警戒する理由はなく、非常に刺激的な金融政策を調整する理由もほとんどない」と述べた。

卸売物価の内訳では、食品が0.5%下落。食肉が8.0%落ち込んだ。食品は前月、5.2%下落していた。ガソリンは10.1%上昇。前月は26.3%伸びていた。

モノは0.8%上昇。前月は0.2%の伸びだった。食品・エネルギーを除くモノは0.3%上昇。前月は0.1%上昇だった。

サービスは0.5%上昇し、19年4月以来の高い伸びだった。前月は0.3%下落。貿易、輸送、保管を除くサービスは0.4%上昇した。

小売、卸売業のマージンの変化を示す最終需要取引サービスは0.8%上昇。ポートフォリオ管理費は7.8%上昇した。

一方、航空券は7.0%下落。宿泊関連も落ち込んだ。医療サービスは0.4%上昇した。

航空券や医療サービス、ポートフォリオ管理費はコアPCE価格指数に組み入れられる。

シティグループのエコノミスト、ベロニカ・クラーク氏は「需要減少が価格全体に下押し圧力をかけている。持続的な回復が維持され2%を超える可能性は当面低い」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  5. 5

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  8. 8

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  9. 9

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。