記事
  • ロイター
  • 2020年08月12日 01:20 (配信日時 08月12日 02:04)

米卸売物価、7月は前月比0.6%上昇 抑制基調続く


[ワシントン 11日 ロイター] - 米労働省が11日に発表した7月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.6%上昇した。市場予想の0.3%を上回り、2018年10月以来約1年半ぶりの高い伸びとなった。ただ新型コロナウイルス禍からの景気回復の足取りは鈍く、物価は基調として抑制された状態が続いている。

前年同月比では0.4%下落。市場予想の0.7%ほどは落ち込まなかった。食品・エネルギー・貿易サービスを除いたコア指数は、前月比0.3%上昇。前年比では0.1%の伸びだった。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は、6月に前年比で0.9%上昇した。FRBは物価目標を2%としている。

MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「卸売物価の回復は緩やかで、FRB当局者がインフレ圧力を強く警戒する理由はなく、非常に刺激的な金融政策を調整する理由もほとんどない」と述べた。

卸売物価の内訳では、食品が0.5%下落。食肉が8.0%落ち込んだ。食品は前月、5.2%下落していた。ガソリンは10.1%上昇。前月は26.3%伸びていた。

モノは0.8%上昇。前月は0.2%の伸びだった。食品・エネルギーを除くモノは0.3%上昇。前月は0.1%上昇だった。

サービスは0.5%上昇し、19年4月以来の高い伸びだった。前月は0.3%下落。貿易、輸送、保管を除くサービスは0.4%上昇した。

小売、卸売業のマージンの変化を示す最終需要取引サービスは0.8%上昇。ポートフォリオ管理費は7.8%上昇した。

一方、航空券は7.0%下落。宿泊関連も落ち込んだ。医療サービスは0.4%上昇した。

航空券や医療サービス、ポートフォリオ管理費はコアPCE価格指数に組み入れられる。

シティグループのエコノミスト、ベロニカ・クラーク氏は「需要減少が価格全体に下押し圧力をかけている。持続的な回復が維持され2%を超える可能性は当面低い」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  7. 7

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  8. 8

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  9. 9

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  10. 10

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。