記事

「出し過ぎちゃった」“4000万ポルシェ”で夫婦を死なせた“追突男”50歳のとんでもない人生 - 「週刊文春」編集部

1/2

 黒の国産車は原形をとどめないほどにひしゃげ、夥(おびただ)しい破片を周囲に撒き散らしていた。オレンジカラーに黒を配したポルシェから降りてきたのは、赤いシャツに短パン姿の男だった。

【画像】逮捕時の彦田容疑者

ポルシェの運転手は「出し過ぎちゃった」と供述

 事故が起きたのは、首都高湾岸線下りの川崎市川崎区扇島付近。8月2日午前8時15分頃のことだ。

「国産車の右後ろの部分が激しく破損していた。後ろから相当なスピードで迫ってきたポルシェが、追い抜こうとして衝突したと思われる。ブレーキの痕はなかった」(捜査関係者)


写真はイメージ ©iStock

 追突された車両に乗っていた内山仁(まさし)さん(70)と妻の美由紀さん(63)は、ともに死亡。ポルシェの主である彦田嘉之(50)は、自動車運転死傷行為処罰法違反の疑いで現行犯逮捕された。

「美由紀さんは追突の衝撃で車体の外に体を投げ出されていた。彦田は法定速度を遥かに超えるスピードで走っていたことを認め、『出し過ぎちゃった』と供述している。車には彦田の息子も同乗していたが、腹の打撲で済んだ」(同前)

 犯行車両はドイツのスポーツカー・ポルシェの最高級モデル『911 GT2 RS』とみられている。

「最高出力は700馬力。停まった状態から時速100キロに達するまで、3秒もかからない。価格相場は約4000万円です」(専門誌記者)

一族は大地主、実家は庭園付きの大豪邸

 なぜ彦田はこんな車を所有できたのか。地元の江戸川区葛西地区の住民が語る。

「一族はこの辺りの大地主。嘉之の祖父の代までは農家で、海苔の養殖もしていた。土地を売って莫大な財産を得たんです。母親は元“ミス江戸川”のやはり資産家令嬢で、真っ赤なトヨタ・コロナに乗って嫁入りした。家族みな車好きで、母屋の向かいにあった大きな50坪ほどの倉庫には高級車が何台も並んでいた」

 実家は庭園付きの大豪邸。一族が管理するマンションに住んでいた彦田は、3人きょうだいの長男だった。

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  6. 6

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  7. 7

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  8. 8

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  9. 9

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  10. 10

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。