記事
  • ロイター
  • 2020年08月11日 20:05 (配信日時 08月11日 19:54)

7月のアジア株、海外勢は2カ月連続の買い越し


[11日 ロイター] - 海外投資家は7月にアジア株を買い越した。買い越しは2カ月連続。アジア経済の回復を背景にハイテク株の買いが膨らんだ。

インド、インドネシア、フィリピン、韓国、台湾、タイ、ベトナムの各証券取引所のデータによると、海外勢の7月の買い越し額は12億ドル。6月は44億ドルの買い越しだった。

アジア太平洋株価指数<.MIAP00000PUS>は7月に4.29%上昇。ハイテク株が12.8%値上がりした。

ANZのアジアリサーチ担当トップ、Khoon Goh氏は「世界的に潤沢な流動性、アジア経済の回復、アジアでの新型コロナウイルスの感染ペース鈍化を背景に資金が流入した」と指摘。「ドル安もアジアの資産価格を支える要因となっている」と述べた。

地域別では、ハイテク株の多い韓国株が7億2560万ドルの流入超。台湾株にも1億8939万ドルの海外資金が流入した。

流入額トップはインド株で、10億2000万ドルの流入。新型コロナの感染拡大が懸念されているにもかかわらず、海外資金が流入した。

一方、タイ株は3億1530万ドルの流出と、11カ月連続の売り越しとなった。フィリピン株も1億2400万ドルの流出で、9カ月連続の売り越し。

フィリピンでは6月のロックダウン(都市封鎖)解除後に、新型コロナの感染者が7倍近く増え13万6000人を超えた。死者も2倍以上に増えている。マニラ周辺では先週、ロックダウンが再導入された。

インドネシア株とベトナム株も、7月は海外資金が流出した。

IGのマーケット・ストラテジスト、Jingyi Pan氏は「強弱まちまちだ。中国を除くアジア市場は、全体としては年末に向け回復するとみられる。投資家が慎重に市場に戻ってくる可能性がある」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  8. 8

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  9. 9

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。