記事

「芸人」と「放送作家」 同志にも、憎き敵にもなりえる歪な関係性

1/2
芸人と放送作家は協力し合い、タッグを組んで活動する「同志」という印象を持たれている方は多いのではないでしょうか。最近では芸人のYouTubeチャンネルの企画を放送作家が考え、撮影・編集するという新たなビジネスモデルも誕生しています。そんな芸人と放送作家。実は、ちょっとしたボタンの掛け違いで同志にも、敵にもなりえる、不思議な関係でもあります。そんな芸人と放送作家のリアルな関係性について綴ります。


放送作家の武村圭佑です。今日は近しい関係と思われがちな芸人と放送作家の歪な距離感について綴ります。放送作家が芸人にネタを提供し、芸人は放送作家にネタの相談をする、といった協力関係をイメージされている方が多いと思いますが、実はそんな簡単なものではないのです。

放送作家が芸人にネタを書き始めたのはなんと大正時代から

まずは芸人と放送作家の関係が生まれた歴史からお伝えします。放送作家が芸人のネタを書く、という文化は、なんと大正時代から存在したと言われています。漫才を芸人に提供する職業・漫才作家が普及したのは昭和期。

漫才作家の秋田實さんが、横山エンタツ・花菱アチャコさんらにネタを提供するなど、そうした動きは徐々に広まっていきました。

放送作家は芸人と一緒に売れることに憧れる


では最近のお笑い界での関係性はどうでしょうか。漫才を提供する「漫才作家」という職業が失われつつある反面、放送作家がコントなど、色々なネタを芸人と一緒に作るのはごく一般的です。とはいえ、芸人全員が放送作家にネタの提供を依頼しているかというとそんなことはありません。

むしろ今の若手芸人は自分で考えたネタをやりたいと考えている人が多い印象です。これは松本人志さんが舞台における漫才やテレビ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』におけるコントなど、面白い発想をネタにするという活動に惹かれて芸人になった人が多いからでしょう。

一方で放送作家は芸人と一緒に仕事をやりたい、と考える人が多数います。ダウンタウンにおける高須光聖さん、バナナマンにおけるオークラさんら、芸人と一緒に仕事を得ていくという放送作家像に憧れを持つ人も多く、特に大阪ではその価値観が根強いです。

私が大阪で放送作家を始めた頃、「芸人と一緒に成功したい」という強い憧れから、無償でお笑いライブのお手伝いをして、ライブが終わったあと面白いと思った芸人の出待ちをし、自分で作ったネタを持っていく。そしてこのネタを舞台で演じてほしい、と頼み込むという活動をしていました。

今、こうやって文字にすると少し狂気じみている気もしますが、当時は何としてでも芸人と関係を作らないといけないと考えていたのです。

前述の通り、若手芸人は自分たちが考えた自分たちが面白いと思っているネタで勝負したい、売れたい、と考えているため、大体断られます。ネタをやってもらうためには、面白いと思ってもらわないといけない…。そのように考え、何本もネタを作りました。

当時大阪で活動していた私を含む、同期の放送作家たちでネタを作る会を開き、出来上がった自信のあるネタを意中の芸人のもとに持っていく。

何度もネタを持っていって熱量が認められて、その芸人にネタをやってもらったこともありましたし、その熱意が高じて現在もタッグを組んで、10年以上同じ芸人とずっと一緒にネタを作っている放送作家もいます。

他にも「一緒にネタを作りませんか?」と芸人に声をかけて、コンビ芸人のネタ合わせに参加させてもらうなんてこともありました。これは自分の作ったネタを行ってもらうのに比べて、ハードルは下がります。

ただ、本来コンビ2人でやるネタ合わせに必要な存在にならなければ、次のネタ合わせには呼ばれません。ネタ合わせで面白い案を出したり、面白い設定を持ってきたり、面白いボケを考えたりと何かしらの芸人へプラス要素を与えつづける必要があります。

私も一度だけネタ合わせに呼ばれたものの、そのあとは音沙汰がないという芸人が数組いました。

芸人が求める“放送作家像”も芸人それぞれ

芸人と一緒にネタを作る放送作家は多数いますが、どのような作家が求められるかは本当に“芸人それぞれ”です。

私の経験上、ネタ合わせに呼ばれた場合、芸人はネタの設定やアイデアはあるけど、どんな展開にすれば面白くなるか、どんなキャラクターでこのコントをやれば面白くなるか、という面白さを増幅させるためのアイデアを求められることが多くあります。

ただこれも一例でしかありません。ネタ作りに自信のあるコンビは面白いアイデアや発想を放送作家に求めていないこともあります。

コントや漫才の設定から、ボケ、ツッコみのフレーズ、間まで細かくアドバイスや意見を求める芸人もいますが、とにかく話を聞いてほしい芸人、ただただ雑談をしながら作りたいという芸人、ネタの説明をしたときに、放送作家がどのタイミングで笑うか、もしくは笑わないかを確認する芸人、女性目線の意見が聞きたいからという理由で絶対に女性の放送作家にネタを相談する芸人。本当に“芸人それぞれ”なのです。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  8. 8

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。