記事

売れ残りペットを引き取る“悪徳引き取り屋”の存在 その悪質な手口とは?

 8日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、売れ残ったペットを引き取ることを商売にする“悪徳引き取り屋”の悪質な手口が解説された。

▶映像:ペットの“悪徳引き取り屋”、施設の実際の様子(56分~)

 番組では「可愛い動画から殺処分問題まで! 激論! 朝まで“猫”テレビ」と題して、ジャーナリストで動物保護活動をしている山路徹氏と、保護猫を預かる活動をしているSILENT SIREN・ひなんちゅをゲストに招き、ペットに関するさまざまな問題を紹介し、トークを繰り広げた。

 番組では、ペットショップなどで売れ残ってしまったペットを引き取る「引き取り屋」というビジネスがあると紹介。中には「一生面倒見ます」と対価を受けて引き取りながらも、狭いゲージに閉じ込めてほとんど世話をせずに死なせてしまうといった行為を行っている「悪徳引き取り屋」があるそう。

 今までは売れ残ったペットは保健所に送られていたが、動物愛護法の改正によってそれが難しくなったとのこと。これにより、ペットショップはこうした業者に売れ残りのペットを引き渡すケースが増えているという。

 殺処分の実態が解決されているわけではない実情に、山路氏は「本当にこの問題はまだまだ、根が深い」と解説をした。

 番組では引き取り屋の実態として、実際に業者の施設を訪れた様子の映像を紹介。衛生管理がされていない建物の中では、脱毛したり目が見えなくなった様子の猫や犬たちの姿が。中には、すでに息絶えているように見える動物の姿もあった。

 山路氏によると、この施設には100を超える動物が引き取られており、世話をするスタッフは1~2人程度で、ほとんど手が回っていない状況だったという。山路氏は「こういう現実を受け止めてほしい、知ってほしい」と訴えかけていた。

▶映像:ペットの“悪徳引き取り屋”、施設の実際の様子(56分~)

あわせて読みたい

「悪徳商法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    期限迫る国勢調査 前回下回るか

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    万年野党の方が楽? 新立民に呆れ

    諌山裕

  3. 3

    舛添氏「気の緩み」に医師が反論

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    よくバレなかったな 瀬戸の本性

    NEWSポストセブン

  6. 6

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  7. 7

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  8. 8

    日本の携帯料金は本当に高いのか

    永江一石

  9. 9

    国民の思考停止を招いた安倍政権

    内田樹

  10. 10

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。