記事

周庭氏の逮捕は許せない

周庭氏が逮捕された。
民主化運動が「国家安全法」に違反しているというのは、「独裁」こそが人類の幸福のためという狂った政治体制にとっては、そうなんだろう。

「民主」は悪、「独裁」は善とする中国共産党にとっては、周庭は悪人であり、犯罪者だから逮捕することになる。

人間に自由は要らない、自由な言論は要らない、政府の批判は悪であるという中国共産党のイデオロギーは、当然、国民の「管理」「監視体制」を必要とする。

日本でも、このコロナ禍で、国民の管理・監視体制が進行している。
無症状の人間の「自宅療養」も許さず、社会政策として「隔離」しようという人権無視の考えも台頭して来た。

インフルエンザにも無症状の感染者はいるし、無症状の感染者が他人に感染させるリスクはある。
1000万人も感染者が出るのは、無症状者が人にうつしているからだ。
今年の冬からはインフルエンザに対するPCR検査も行って、無症状者を発見して、隔離するつもりなんだろうか?

周庭氏の逮捕を他人ごとと思っていたら、日本もITを駆使して、監視国家・管理国家となる危険性を見逃がすことになりかねない。

日本人の大多数が、恐怖をテコに「自粛」を望み、「営業の自由」や「移動の自由」を放棄して、政治家の強権発動を待望する様子を見れば、この国は気がつけば「独裁」だったということにもなるだろう。

自由を愛することは難しい。
自由を激しく希求する周庭氏や香港の民主化運動を支えた若者たちの思いが、今の日本人に伝わるだろうか?

日本政府は中国に対して、強く批判すべきであり、習近平の国賓待遇の訪日ももうあり得ないし、天皇陛下に会わせては絶対にいけない!

あわせて読みたい

「周庭(アグネス・チョウ)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。