記事
  • ロイター

米ホワイトハウス周辺で発砲、トランプ氏は会見中断し一時退席


[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウス付近で10日、発砲があり、トランプ大統領が記者会見を中断し、大統領警護隊(シークレットサービス)に付き添われて一時退席する場面があった。

トランプ氏は数分後に会見室に戻り、武器を所持していたとみられる容疑者が当局者に撃たれて病院に搬送されたと説明。「ホワイトハウスの外で発砲があった」とし、「事態は非常に良くコントロールできているようだが、発砲があり、誰かが病院に搬送された。容体は把握していない」と述べた。

また、発砲はホワイトハウスの敷地を囲むフェンスの近くで起きたと説明した。

シークレットサービスは、ツイッターへの投稿で「警護隊員が関与した発砲に関する捜査が行われている。容疑者の男と警護隊員1人が地元の病院に運ばれた。一連の出来事の間、ホワイトハウスの敷地が侵入されたり、要人が危険にさらされたりすることは一切なかった」と明らかにした。

トランプ大統領が退席する前に、会見室は一時、鍵がかけられた。

トランプ氏は、他に負傷者はいないと述べ、シークレットサービスの対応を称賛。シークレットサービスが後に詳しい状況を説明するとし「(発砲について)今知ったばかりで、詳細は分からない」と語った。

会見開始から数分後にシークレットサービスが演壇上のトランプ氏に近付いて会見が中断されると、同氏は部屋を後にした。同席していたムニューシン財務長官や米行政管理予算局(OMB)のボート局長も退席した。

トランプ氏は記者団に対し、会見室に近い大統領執務室に移動していたと説明した。

シークレットサービスは、同機関の職務責任担当当局が、関与した警護隊員の行動について内部調査を行うとした。

*内容を追加します

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  10. 10

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。