記事

【特別コラム】コロナと生きるということ(1)不安の正体 - 内山節

1/2

[画像をブログで見る]

 新型コロナウイルスが発生したことを私たちが知ったのは、2020年に入ってまだ間がない頃だった。それから半年ほどがたち、このウイルスの性質も少しずつわかるようになってきた。とともにウイルスの広がりは、私たちの社会の脆弱性も暴きだした。

 現代社会の構造が、感染の広がりとどのように関係しているのか。そして私たちの社会はこれからどんな変化をみせるのか。そのことを課題にしながら、現時点でみえていることを考察してみようと思う。

「わからないもの」との共存

 現在までの発表によれば、新型コロナウイルスの感染者が中国、武漢で最初に発見されたのは、2019年11月のことだった。翌年になると、武漢の惨状が世界に伝えられていくようになる。

 爆発的な感染の広がり。医療崩壊。病院の廊下で息を引き取る人たち。ふえつづける死者。有効な治療方法の不在。テレビにはセンセーショナルな映像が流れ、それはさまざまな人々に、不安と怯えを与えることになった。

 それほど時間をおくことなく感染は西ヨーロッパ諸国からアメリカへと拡大し、さらに全世界に広がっていった。

 感染拡大がはじまった当初は、このウイルスがどの程度の感染力を持ち、重症化率や致死率がどのくらいなのかもよくわからなかった。だがいまでは、ある程度の判断が可能になっている。

 どうやらこのウイルスの致死率はさほど高くなく、インフルエンザとそう大きくは変わらないようだとか、にもかかわらず血栓ができるなどして急速に重症化するときがあるとか、一部の感染症の薬が効果をだすことがあるとか。

 とともにコロナとの「戦い」、「戦争」といった語り口が当をえていないことも明らかになった。このウイルスを撲滅することなど不可能なのである。私たちはこのウイルスとともに社会を維持するほかない。課題はウイルスと共存可能な社会をつくる方にある。

 おそらく誰もが期待しているような効果的なワクチンは、よほどの幸運が重ならないかぎり簡単には登場しないだろう。

 遺伝子分析が容易になった今日では、理論的には、ワクチンをつくることは簡単である。だがそのワクチンが、効果と安全性の両面で使用可能になるのかといえば、多くの場合はそう簡単にはいかない。仮にうまくいったとしても、効果がどのくらい持続するのかもわからない。

 有効なワクチンが登場する前には、いくつもの高い壁が立ちふさがっていると思った方がいい。そして仮にワクチンが長期にわたって登場しないとすれば、少なくとも過半数の人たちが感染し、社会が集団抗体をもつようになる他ないのである。

 ところがこの方向を目指したスウェーデンで抗体をもつ人が想定していたほど広がっていないとか、感染した人の3割は抗体をつくらないというような分析もでている。もちろん現在だされている研究が将来否定されることもあるだろう。といっても、わかりやすいウイルスではないことだけは確かなようだ。

 とすると、こうなる。コロナウイルスと共存するとは、わからないものと共存するということである。ウイルスという目にみえないものと共存するとともに、多少はその性質がわかってきたとはいうものの、正体をつかみきれないものと共存する。

「わかっている」という共同幻想

 ところが現代人にとっては、それはきわめて苦手な課題である。なぜなら現代世界は、部分的にはわからないことがあっても、基本的な骨格はわかっているかのごとく成立しているからである。わからないものが自分たちを包み、しかもそれと共存しなければならない現実は、人々に不安と怯えを与える。

 日本で感染が広がりはじめたとき、不思議な現象が起こった。たとえばテレビにでているキャスターや有識者たちが「科学的」とか「エビデンス」という言葉を連発していたのである。科学的な裏付けのある対策をしなければならないとか、同じような意味だが、エビデンスにもとづいてというような感じで。

 これは噴飯ものである。なぜならウイルスの性格がほとんど何もわかっていなかったのだから、科学的にとらえようにも、とらえようがないからである。だがテレビの出演者たちは、科学的裏付けのある正しい対策をと主張しつづけた。ありえないことを求めていたのである。

 そしてこの現象もまた不安からくるものだった。わからないものが忍び寄っていることへの不安。この不安から逃げ出そうとする意識が、「科学的」、「エビデンス」といったものに執着する感情を生みだしていた。

 本当は私たちの世界はわからないことだらけなのである。そもそも自分が生まれた根拠もわからないし、死の意味もわからない。誰もが幸せや健康を求めているが、もしも「その幸せは幻想にすぎない」といわれたら、私たちはそれを否定する明確な言語をもっていない。

 あるいは「病名がついていなければ健康なのか」と問われれば考え込むばかりである。私たちは自分の本質もわかっていないし、他者のことも、この社会のことも、ましてや諸外国や世界のことも、すべてがわかっていることよりもわからないことの方が膨大なのである。

 根本的なありようとして、私たちはわからないものに包まれて生きている。

 にもかかわらず、基本的なことはわかっているのだという共同幻想を成立させて営まれているのが現代社会である。近代以降の世界は、すべてのことを科学が明らかにしていくという諒解の上に成立している。

 だからこそ、新型コロナウイルスというわからないものに包まれはじめたという感覚は、私たちに根本的な不安を与える。その結果、科学的とかエビデンスという言葉にしがみつき、専門家の言葉に依存しようとする。

 だがこのウイルスについては専門家も確実なことはほとんどわかっていないのだから、本当なら断定的なことは言えないはずなのである。たとえばロックダウンや「自粛」「ステイ・ホーム」は効果があるのかと聞かれれば、まともな専門家ならあるかもしれないし、ないかもしれないという他ない。

 わからないから、とりあえず思いつくことをみんなで試みてみましょう、というのならよいが、あたかも科学的な裏付けがあるかのごとく顔をして国民を脅す専門家がいかに多かったことか。

 それは専門家と称する人たちの問題点でもあるが、わからないこととともに生きる作法をもたない私たちがつくりだした現実でもある。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  10. 10

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。