記事
  • ロイター

サウジアラムコ、第2四半期は73%減益 需要回復の兆しも


[ドバイ/リヤド 10日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ<2222.SE>が発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたエネルギー需要の落ち込みや価格下落が響き、73%の大幅減益となった。

ただ、アミン・ナセル最高経営責任者(CEO)は750億ドルの年間配当計画を維持する方針を示し、世界の石油需要は回復しつつあると述べた。

アラムコは、新型コロナが世界中で急速に拡大したことを受けて原油や天然ガス、石油製品の需要は著しく減少したと指摘した。

ナセル氏は決算発表後の記者会見で、新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)が段階的に緩和され、経済活動が再開されるに伴い、エネルギー市場は部分的に回復し、需要は上向いていると述べた。

「中国ではガソリンやディーゼルの需要がほぼコロナ前の水準に達している。アジアやその他の市場で改善が見られる」とし、「各国がロックダウンを緩和するに伴い、需要は増加する見込みだ」と語った。

第2・四半期の純利益は73.4%減の246億リヤル(65億7000万ドル)で、アナリスト予想の313億リヤルを下回った。前年同期は926億リヤルだった。

アルラジ・キャピタルのリサーチ責任者は「アラムコの決算は他の国際石油企業と比べると健全だ。近代石油業界史上最悪の四半期を健全な業績で乗り切ったということは、見通しは非常に明るいことになる」と指摘した。

ナセル氏は、2020年の配当を計画通り支払う意向を示し、「取締役会の承認と市場の状況次第となるが、750億ドルを支払うつもりだ」と述べた。

この年間計画に沿って第2・四半期は187億5000万ドルの配当を支払う。アラムコの配当はサウジ政府の財政運営に重要な役割を果たす。

第2・四半期のフリーキャシュフローは61億ドル、上半期では211億ドル。前年同期はそれぞれ206億ドルと380億ドルだった。

また、同社は今年と来年の設備投資を削減するものの、生産能力を引き上げる計画を進めていると表明。

ナセル氏はアナリストや投資家との電話会談で、2021年の設備投資計画が「従来の指針を大きく下回る」と指摘。一方で、生産能力を日量100万バレル増の1300万バレルにするよう進めていると述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  7. 7

    岸部四郎さんの壮絶な借金地獄

    文春オンライン

  8. 8

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。