記事

授業料をもらっている以上、大学は対面授業をきちっとやるべき

大学の対面授業がいつまで経っても始まらない。

今年の新入生を持つ家庭では、入学金と授業料、そして家賃を払い続けているが、行われているのはネット事業のみ、授業料やそれ以外のコストに見合う対価の提供がない。

一方で、ある大学関係者がオンラインと対面授業の併用を求めた文科大臣の発言に対し「文科省の支援がないから何もできない。自助努力を求められているだけ」という趣旨の発言をされていた。これには失礼ながら少し呆れてしまった。

大学以外はみんな必死で自助努力をしている。

街角の小さなラーメン屋さんも飲食店も、お客さんが交代するたびに一生懸命にアルコールでテーブルを拭いている。入り口にはエタノール消毒液を置き、店員は皆マスク。

何とかして店がクラスターにならないように、そしてお客さんにもきてもらえるように必死なのだ。そうしなければ収入が閉ざされ、大事な店がなくなってしまうから。

大学の対面授業再開と感染拡大防止両立には、①マスク、②席の間隔確保(人数の多い講義も、入れ替え制や教員2人で2教室に分ける、半分はZOOMなど工夫次第)、③私語禁止、④教室入り口でのエタノール消毒、くらいやれば十分だろう。

先日、新型コロナ対策に関する政府ヒアリングの場で文科省に対し、「対面授業再開に関して慎重というか頑なな姿勢を崩さない大学に、一般企業やプロスポーツ、飲食店と同様に感染防止対策に十分な配慮をしつつ再開を促すためにモデルケースを紹介するなど工夫をして、学生の学校で学ぶ権利を守るよう促したらどうか」と提案した。

文科省の担当者も、大学にいくら文書出してもスルーされるので、そう言ったわかりやすく目に見える形で促すことを検討したい、と前向きな姿勢だった。

世の中から新型コロナが消える見込みは当面というかおそらくない。大学だけが象牙の塔に立てこもり、授業料だけ徴収し続けるなんていつまでも通用することではないだろう。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  4. 4

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  5. 5

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  6. 6

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。