記事

何から何までねじ曲げて

先日来の吉村知事のポビドンヨードうがいに関するマスコミの悪質な報道。

最初の会見について、まず誤解しまくりの不正確な報道が拡散された(「吉村知事ポビドンヨードうがい会見に関する不正確な報道」)。

そして、その不正確な報道を正そうと行われた翌日の会見はさらに不正確に伝えられた。

「吉村知事が前日の発言を“軌道修正”した。〜 「うがい液でコロナを予防できるわけではありません。感染することを防げる効果が認められたわけでもありません」と強調し「改めて申します。予防薬でも治療薬でもない」」。

これが、「吉村大阪府知事が“軌道修正“うがい薬は「コロナの予防薬でも治療薬でもない」」との大見出し(見出しはMSNで紹介された時のもの・元記事はデイリー)で伝えられたのだ。

?が飛び交ってしまう。知事は、最初の会見からそう話されている。それがなぜ軌道修正という見出しに?今回の件は、マスコミが創り出した自作自演の架空の騒動。

勝手に誤解して勝手に軌道修正したことにされるのでは幾ら何でもたまったものではない。マスコミは、その誤解を識者に伝え、そして識者が発言内容を確かめることもなくピント外れのコメントを並べ立てて、それでまたピント外れな批判記事が作られる。まさに負のスパイラルならぬ誤解のスパイラルだ。

その誤解のスパイラルの中にいることもわからずに、SNSではこの極めて真剣な取り組みを嘲笑する声がやまない。

今回の騒動でよくわかったこと。

1.マスコミがいかに不正確にしか事実を伝えないか。
2.そのマスコミを鵜呑みしてかかる人がいかに多いか。
3.既成概念に囚われ、新しい発想を頭から拒否する人がいかに多いか。
4.よくわかりもしないのに思い込みだけで他人を馬鹿にしたがる人が如何に多いか。
5.日本では、ブレイクスルーが如何に生まれ難いか。
6.だから今の日本がこんな縮こまった社会になってしまったのか。

ただただ呆れるばかりだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  4. 4

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  5. 5

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  6. 6

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  7. 7

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  10. 10

    関心すら持たれぬ野党は自業自得

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。