記事

秋篠宮家が民間SPを極秘で雇う、眞子さま交際時の報道影響か

香淳皇后例祭では姉妹揃ってお出ましされた(6月16日、東京・八王子市。撮影/JMPA)

 秋篠宮家の次女、佳子さま(25才)が着々とご結婚へと進まれている――。このところ、佳子さまの“お相手”に関する報道が相次いでいる。

【写真】小室さんと見つめ合う眞子さま。少し鎖骨の出るワンピース姿

 佳子さまは2017年9月から約9か月間、英リーズ大学で舞台芸術を学ばれた。報道でお相手とされる男性Aさんは、佳子さまと同時期にリーズ大に留学していたという。

「皇族方が外出されるときは必ず皇宮警察の『側衛官』が護衛します。特定の男性と繰り返し会われていれば、皇宮警察が把握し、秋篠宮ご夫妻はもちろん、宮内庁関係者の耳にも入るはず。しかし、側衛官は “佳子さまが特定の男性と何度も会うことはなかった”と口を揃えているそうです。普通に考えれば、皇宮警察に把握されないで交際を続けることは不可能に近い」(皇室ジャーナリスト)

 姉の眞子さま(28才)がお相手の小室圭さん(28才)と交際を始めた頃、皇宮警察はその存在を把握していた。しかし、佳子さまのお相手については、皇宮警察の誰もが把握できていないという。

極秘で雇われた「民間SP」の存在

 イギリスでの留学中に出会ったと思われる佳子さまとAさん。異国の地という開放的な環境は、皇族方にとって特別な意味を持つという。

 国内の場合、皇族方が外出する際には、前述の通り常に側衛官が付く。しかし、留学中は護衛が付かず、皇族方にとって“自由”な時間が増える。身の回りのことをすべて自分で行う新鮮さと、解放感はひとしおだろう。

「高円宮家の長女の承子さまは、英エディンバラ大学留学中だった2007年、“朝までナイトクラブに出かけられた”と報じられるなど、自由な時間を謳歌されたそうです。佳子さまの通われたリーズ大は学内にパブがあり、周辺にはナイトクラブが何軒もあります。夜には店をはしごする学生も少なくない。佳子さまがそうした店に出かけていても、おかしくないのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 ただ、それは海の向こうでの話。帰国後は、常に護衛に見守られる生活に戻る。そうした目をかいくぐり、特定の男性と繰り返し会うのは至難の業のように思える。

 ところが、“そこには抜け穴があるんです”と皇室関係者は言う。

「秋篠宮家は、皇宮警察以外に、私的に民間SPを雇われていると聞いています。もともと秋篠宮さまは皇宮警察の護衛を息苦しく感じられる方でした。眞子さまと小室さんの交際が公になった頃には、皇宮警察から情報が漏れているのではないかと疑われることがあったそうです。

 そうした不信感もあって、極秘で民間の企業に護衛を頼むことで、情報漏えいを防ごうとされたのでしょう。特に眞子さまと佳子さまは、皇宮警察の護衛がかなり遠巻きに見守る中で、私的に雇った女性のSPをすぐ近くに置かれ、行動されることも少なくないそうです」

 そうであれば、佳子さまの親しい友人関係を護衛が気づかないということもあり得る。

「佳子さまは、新型コロナウイルスの影響で徹底した“おこもり生活”を続けておられます。最近外出されたのは、宮中祭祀である7月30日の『明治天皇例祭』と6月16日の『香淳皇后例祭』くらいです。

 その分、家の中でSNSなどを通じてAさんと連絡を取り合う時間は、たっぷりとあるでしょう。事実、眞子さまもアメリカにいる小室さんと、SNSなどを通じて連絡を取り合われているそうです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 長く続く自粛の日々が、かえってふたりに愛を育む時間を与えているのかもしれない。

眞子さまの結婚が佳子さまの“準備”

 佳子さまのご結婚が取り沙汰され、改めて浮上するのが「女性宮家」創設の議論だ。近年、皇族は減少の一途をたどっており、悠仁さまが天皇となられたとき、近くで支える皇族方はごくわずかになる。そこで、俎上にのったのが、女性皇族が結婚後も皇室に残る女性宮家の創設だ。

「紀子さまは、眞子さまと佳子さまに皇室に残って、悠仁さま(13才)をそばで支えることを期待されているそうです。女性宮家が創設されれば、姉妹で悠仁さまを支えることができる。ですが、女性宮家についての議論は先送りにされたままです」(別の皇室ジャーナリスト)

 2012年1月、三笠宮家の長女の彬子さま(38才)は、女性宮家について次のように述べられた。

《「お前たちは結婚したら民間人だから」と、子供の頃から父に言われてきましたが、その前提が大きく変わるかもしれないというので、私自身、落ち着かない状態です》

 さらに彬子さまは《決めるのであれば早く決めていただきたい》とまで踏み込まれた。それほどに、女性皇族方は不安定なお立場におられるのだ。

「現行の制度では、佳子さまは結婚されれば皇室を離れます。しかし、ご結婚前に女性宮家の創設が認められれば、新しい宮家の当主となる可能性もある。これまで“結婚したら皇室を離れるもの”と思って生きてこられた佳子さまにとって、ガラリと人生が変わることになります」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 女性宮家次第で、想像していた未来絵図がまったく違ったものとなる。それなら、女性宮家が創設される前に、結婚したい――。佳子さまがそうお考えでも、なんらおかしくはないだろう。

「佳子さまが結婚を発表されるのは、眞子さまの結婚問題が落ち着いてからになるでしょう。裏を返せば、眞子さまが結婚されれば、佳子さま自身の結婚へ向けた“準備”が整うともいえるのではないでしょうか」(前出・皇室関係者)

 佳子さまはこれまで、眞子さまの結婚へ前向きな姿勢を示されてきた。2019年3月には眞子さまの結婚延期について次のように述べられた。

《結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています》

 姉を応援する思いの強さが滲み出たこのお言葉。だが、そこには、“早く結婚して!”という切ないお気持ちが込められていたのかもしれない。

※女性セブン2020年8月20・27日号

あわせて読みたい

「佳子内親王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。