記事
  • S-MAX

厚生労働省、マイナンバーカードを健康保険証として使える機能の利用申込受付を開始!サービス開始は2021年3月を予定

マイナンバーカードを健康保険証として使える機能の利用申込受付開始!

厚生労働省は7日、マイナンバーカードを健康保険証として使える機能の利用申込受付を2020年8月7日(金)に開始したとお知らせしています。サービス開始は2021年3月からを予定し、さらに2021年10月からは薬剤情報・医療費情報の連携も開始予定となっています。

利用申込はマイナンバーを利用して電子申請などの行政サービスを利用できるオンラインサービス「マイナポータル」( https://myna.go.jp )にて「健康保険証利用の申込」から「利用を申し込む」を選び、利用規約などを確認して同意し、マイナンバーカードを読み取って行います。

厚生労働省ではマイナンバーカードを利用して健康保険証の代わりに使えるサービスを2021年3月(予定)に提供開始します。

これにより、マイナンバーカードを持ち歩けば良くなるほか、病院や薬局などで顔認証付きカードリーダーが設置されていれば、顔認証で本人確認と保険証確認をまとめて自動で行えるようになるとのこと。

なお、本人確認は数字4桁の暗証番号でも可能。また過去に処方された薬や特定健診の結果が連携され、マイナンバーカードで受付をすると、医師や薬剤師などがそれらの情報を患者が口頭で説明しなくても把握でき、医療費の支払いも窓口での限度額を超える医療費の一時支払いが不要になります。

処方箋や特定健診の情報の連携は2022年夏をめどに実施される計画です。さらに自分でもマイナポータルにて処方された薬や特定健診の情報を確認可能とのこと。その他、過去1年分の医療費もマイナポータルにて管理でき、e-Taxと連携して確定申告がより簡単になるとしています。

利用申込はマイナンバーカードを対応するスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)に接続したカードリーダーなどで読み取って行います。なお、子供のマイナンバーカードについてはスマホなどで読み取った後に子供の暗証番号を保護者が代理で入力する必要があるということです。

詳細は厚生労働省の公式Webページをご確認ください。

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  4. 4

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  5. 5

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  6. 6

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢最終回 1番盛り上がった瞬間

    Ledge.ai

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。