記事

国会議員が地方議員に金を配る「大政党の常識」、何がダメで何は良いのか?

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

過日に収録してきたOFFRECO.「実録!選挙のリアリティー」が先ほど放映されました。ご視聴くださった皆さま、ありがとうございました!

アーカイブ動画も見られるようです。

さて、ブログではこの番組の中で元自民党代議士である金子さん・豊田さんが繰り返し強調していた

「自民党は(選挙のために)地方議員にお金を配る。地方議員からお金を要求されることもある」

という点について、やや誤解を招きそうな流れだったので、勝手に解説と私なりの見解を述べたいと思います。

まず前提として、国政選挙に挑戦する候補者およびその関係者が、地方議員に

「◯◯のために票をとりまとめてくれ」

と言いながら、政治資金収支報告に計上されないような裏金を渡すことは、当然のことながら犯罪行為です。最近でもどこかで起きた事例ですね。

一方で、きちんと政治資金収支報告書に記載をして、国会議員(の政党支部)から地方議員に「政治活動費」として寄付をする分には合法です。

そして後者が業界用語でいわゆる「餅代・氷代」と呼ばれる、国会議員(特に地域を代表する小選挙区の衆議院議員)が冬・夏と年2回程度、地方議員に配るべきだとされているお金です。

これは地方議員が単に国会議員にタカっているわけではなく、地方議員サイドから見れば言い分もあります。

なぜなら国会議員は、元は税金である政党助成金を原資とした多額の「政治活動費」が、政党から支給されるからです。

そしてその政治活動費は、名目としては国会議員個人ではなく、地域ごとに存在する政党の「地域支部」に振り込まれます。

その地域支部の支部長は国会議員なので、実態としては国会議員個人に対する支給なのですが、

「この地域の党勢を拡大して、結果としてその国会議員を支え、選挙の足腰を強くしているのは私たち地方議員!」

という想いが、地方議員サイドにはあるわけです。

あわせて読みたい

「政党助成金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  2. 2

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  3. 3

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  6. 6

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  7. 7

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  9. 9

    深夜の出迎えに河野氏「ヤメレ」

    女性自身

  10. 10

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。