記事

自治体が先駆する、PCR検査の正しい方向性

いつでも、どこでも、誰でもPCR検査を受けられる……

私は、これが現時点においては、最も適切なコロナ感染防止と経済との両立を果たす方法だと思います。

世田谷区において、保坂区長が世田谷モデルとして、そのようなPCR検査態勢を目指す姿勢を示しました。

さらにそれに続いて長崎県においては、県、医師会、長崎大学などが協力して長崎モデルを発表しました。症状がひどくなくても(無症状に近いような状況でも)医師が必要と認めれば一般の病院でも、1000円以下のコストでPCR検査を受けられるようにする、今年中には1日当たり1000件以上の検査ができるようにすると。

このように、検査数を増やすべしと、どれだけ国会で私たち野党が指摘しても、政府がなかなか検査数を増やそうとしない中、自治体レベルでこのような先駆的な取り組みが始まっています。私はこのような自治体が、今後も出てくるのではないかと思っています。

なぜなら、このような取り組みが、現時点における正しい解決策だから。

国の政府が最も遅れています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。