記事

「義務投票」導入の前にやるべきことがある!世代間格差を埋める「ドメイン方式」にぜひ注目を

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

郵便受けを覗いたら、人生で初めて受けた人間ドックの結果が返ってきていました。全項目、問題なしということで一安心です^^

体重(167cm,57キロ)についてはあと2キロくらい絞りたいなあと思いつつ、何かスポーツ系の「本番」がないと真剣になるインセンティブがわきませんね。。

今朝も近所を走ってみましたが、マスクをしっぱなしだと真剣に危ない気候になってきました。

ソーシャルディスタンスを保ちながら適度にマスクの着脱をし、身体を動かして「特別な夏」も乗り切って参りましょう。

さて、本日はこちらの日経記事がなかなか興味深かったので、ご紹介します(会員登録で無料で読めます)。

選挙供託金、日本は高額 乱立防止、米欧は署名で
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62412360X00C20A8EAC000/

先進国で高額供託金があるのはもはや日本くらいで、欧米では「署名・推薦人」を集めることがベーシックになっているとの内容。

確かに過剰な供託金は特に若年層の立候補を妨げる一方、それなりに財を築いた人間であればそれほど大きな負担でもないことから「広告費」扱いになってしまい、供託金の目的である「立候補の氾濫を防ぐ」ことを果たせているとは思えません。

一方で数百人~数千人の推薦人を集めるというのは合理的な考え方で、それくらいの人数を集められない人は当選もできないわけですから、供託金よりも優れたシステムではないでしょうか。

過日も大物政治家が「義務投票を導入すべきだ」という主張をしていわゆる炎上状態になっていましたが、義務投票を導入する前に日本の選挙制度は改善できる点はまだまだ沢山あると思います。

あわせて読みたい

「選挙制度改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    期限迫る国勢調査 前回下回るか

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    万年野党の方が楽? 新立民に呆れ

    諌山裕

  3. 3

    舛添氏「気の緩み」に医師が反論

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    よくバレなかったな 瀬戸の本性

    NEWSポストセブン

  6. 6

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  7. 7

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  8. 8

    日本の携帯料金は本当に高いのか

    永江一石

  9. 9

    国民の思考停止を招いた安倍政権

    内田樹

  10. 10

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。