記事

尾上松也&賀来賢人、『半沢直樹』親友コンビが絶妙な芝居で好演

1/2

第3話の世帯視聴率も23.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と数字を伸ばしたTBS日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜21:00~)。IT業界の覇権争いに端を発し、奇しくも古巣である東京中央銀行と激しい戦いを繰り広げることとなる半沢直樹(堺雅人)。彼に立ちはだかるのは、前シリーズで屈辱の土下座をさせた大和田取締役(香川照之)の子飼いの部下・伊佐山泰二(市川猿之助)や、副頭取の三笠洋一郎(古田新太)ら海千山千の銀行マンだ。

第3話でもドロドロしたバトルが繰り広げられたが、そんななか注目したいのが、半沢率いる東京セントラル証券がアドバイザー契約を結んだIT企業・スパイラルの瀬名洋介社長(尾上松也)と、瀬名の中学時代の親友で、いまは半沢の部下としてスパイラルを救おうと奔走する森山雅弘(賀来賢人)のフレッシュコンビだ。

左から半沢直樹役の堺雅人、森山雅弘役の賀来賢人、瀬名洋介役の尾上松也

尾上は35歳、賀来は31歳。共に役者としての実績は十分で“若手”や“フレッシュ”という言葉が適しているわけではないが、こと『半沢直樹』という作品のなかでの役割では“青臭さ”が求められているように感じられる。

尾上は、“顔芸”で話題を集める歌舞伎チーム(香川、市川、片岡愛之助)の一員だが、演じる瀬名は、半沢と反目する立ち位置ではなく共闘する存在。幼少期に父親の会社が倒産し、夜逃げを余儀なくされた苦労人で、自身の腕一本で起業し、父親から学んだ“品質”をモットーとして会社を上場企業まで押し上げた男。その分、自分だけしか信じられないような独善さもあり、周囲に高圧的に接してしまう嫌いもある。ときに汚い言葉で相手を罵ったり、感情を剥き出したりするシーンもみられる。

一方で、裏切られた仲間の帰りを待ち、席を残しておくなど人間味あふれるところもある。自分の立場や出世欲に取りつかれた登場人物が多いなか、ハートフルな青臭さが瀬名の特徴だ。尾上は“顔芸軍団”の一員であるものの、もうちょっとやってしまうと青臭さが消えてしまう、くどくならないギリギリのラインで好演している。

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  2. 2

    期限迫る国勢調査 前回下回るか

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  4. 4

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  6. 6

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  7. 7

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  8. 8

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  9. 9

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  10. 10

    窪塚洋介 転落後は「ヒヨった」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。