記事

ベイルート港の巨大爆発

ベイルートの巨大爆発については、港に大量に貯蔵されていた硝酸アンモニュームの爆発であることは、略明らかとなったようでレバノン政府は厳格な調査をしていて、5日程度をめどに結果を明らかにするとしている模様ですが、イスラエルのhaaretz netが「政府としては責任者を探し出さなければ存続できず、どうやら責任のなすりつけが始まったようだ」と報じているように、現在ンレバノン政府にレバノン国民、国際社会を納得させる公正で透明な調査を行う能力があるかはなはだ疑問なところです。

確かベイルートを訪問したマクロン仏大統領も公正な国際的調査が必要として、仏は協力の用意があると発言した由。

そこで気になるのは、アウン大統領が6日地元紙とのインタビューで、政府の調査に関連して、ロケットや爆弾等による外国からの関与の可能性があると発言したことです。

これはal qods al arabi netが報じるところで、大統領は現在のところ爆発の原因は不明であるが、ロケットや爆弾その他の手段による外部からの関与があった可能性があると発言した由。

大統領はさらに調査は3段階で行われていて、第1は如何にしてこのような危険物が国内に入り、ベイルートの中心近くに保管されていたかで、第2は爆発が生じたのは何らかの過誤か怠慢によるものかで、第3は外部からの介入が関係したか否かであるとした由。

https://www.alquds.co.uk/%d8%b9%d9%88%d9%86-%d9%84%d8%a7-%d9%86%d8%b9%d8%b1%d9%81-%d8%b3%d8%a8%d8%a8-%d8%a7%d9%86%d9%81%d8%ac%d8%a7%d8%b1-%d8%a8%d9%8a%d8%b1%d9%88%d8%aa-%d9%88%d9%82%d8%af-%d9%8a%d9%83%d9%88%d9%86-%d8%a8/

記事は以上の通りで、大統領が単なる可能性として外部の関与に言及しただけなのか、何らかの具体的な根拠に基づく発言か、またさらに外部に責任転嫁しようとしているのか、不明ですが、レバノンという機微な地点(この点については昨日の「若干おひとりごと」という記事の中でごく簡単委説明しておいた)での話で、おまけに大統領という地位にある者の発言として非常に気になるところですが取りあえず

あわせて読みたい

「レバノン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  2. 2

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  4. 4

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  6. 6

    経済回復は過剰な恐怖払拭が必要

    先見創意の会

  7. 7

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  8. 8

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  9. 9

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  10. 10

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。