記事
  • ロイター

米ダウ小幅高、ナスダック下落 雇用急減速やコロナ協議決裂で


[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米国株式市場では、ダウ平均株価<.DJI>が46ドル高と小幅な値上がりにとどまったほか、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント近く下げて取引を終えた。雇用統計で雇用の伸びが大幅に鈍化したことや、新型コロナウイルス追加経済対策を巡る与野党協議が決裂したことなどが相場の重しとなった。

7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月から176万3000人増加した。伸びは予想の160万人を上回ったものの、過去最大となった前月の479万1000人からは大きく鈍化。新型コロナ感染が再び拡大する中、景気後退(リセッション)からの回復が失速していることが改めて示された。

こうした中、米政権と民主党指導部による追加のコロナ対策を巡る協議が7日、物別れに終わった。民主党側は、これまで求めてきた3兆ドル規模の経済対策を1兆ドル減額して歩み寄りを示したが、政権側がこれを拒否した。

ハーベスト・ボラティリティー・マネジメント(ニューヨーク)のトレーディング部長、マイク・ジグモント氏は「失業率が歴史的な平均水準と比べて天井を突き抜けており、新型コロナの世界的大流行(パンデミック)が収まらず、治療法もまだ見つからない中で、政治家は国民に1兆ドル超の追加経済対策を約束した。もし彼らが約束を果たさないのなら、政治的自殺に等しい」と述べた。

ナスダック指数は8日ぶり、ダウ平均とS&P総合500種指数<.SPX>は6日ぶりに下落した。週間では軒並み上昇した。

第2・四半期の企業決算は、これまでに決算を発表したS&P500企業のうち8割強が、見通しの大幅な引き下げに伴い予想を超える結果となっており、見通しの上振れ率は22.5%と過去最高を記録した。

携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>は6.4%高。第2・四半期の月額払い(ポストペイド)の契約者数が予想以上に増加した。新型コロナの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置に伴い、在宅勤務などが広がったことが寄与。月額払いの契約者数とプリペイド電話の契約者数の合計は9830万人で、AT&T<T.N>の契約者数約9300万人を上回った。

配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は5.2%安。第2・四半期決算は、新型コロナ感染拡大の影響で料理宅配サービス事業の需要が倍以上に増加した。一方、配車サービスはコロナ禍に記録した最低水準からわずかな回復にとどまった。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.43対1の比率で上回った。ナスダックは1.31対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は約97億8000万株。直近20営業日の平均は104億株。

(S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  4. 4

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  5. 5

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。