記事

中国「グレートファイアーウォール」VSアメリカ「クリーンネットワーク」の譲れない戦い

 いろいろとアカンことになっている米中対立ですが、ここにきてアメリカ側がかなり具体的に企業名指しで中華サービスやアプリをアメリカ市場からBANする動きが出てきました。

 気を付けるべきなのは、11月3日に行われる大統領選挙に向けて、俺たちのトランプが人気取りのために政権ごと対中強硬策に前のめりになっている、のではなく、むしろ共和党・民主党の超党派で対中国政策を固めるなかで国務長官ポンペオさんを中心に政策をどんどん進めているという点です。

 米トランプ政権、中国を5つの分野で締め出す「Clean Network」立ち上げ - ITmedia NEWS https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/07/news060.html

 中国側としては、一連の問題について「いかなる法律的な根拠でそんな名指しで中国企業をエンバーゴーの対象にするのか」と声明を出しているのですが、一方で、米中貿易体制については一定の交渉進展もある中での話ですのでこれはこれでプロレスなんじゃないかとも思うわけですよ。

 一方で、アメリカ議会で検討されている「アメリカのデータを中国企業のクラウドに存在させない」という方針が共和党・民主党ともにGOとなった場合、単純にアリババやテンセントが困ることになるだけでなく、テンセントが少数出資しているEpic Games(40%)が展開している「Fornite」だけでなくゲームエンジンである「Unreal Engine」も影響を受けることになります。

 いままでのブロック圏経済は、言うまでもなく米ソ対立で冷戦下は特にドル決済圏とルーブルその他決済圏とで分かれておったわけですけれども、新しい米中対立はさらに「データをどこに置くか」で対立軸が決まるという点が新たな論点になるんだと思います。

 日本の場合はいうまでもなくアメリカ側につかざるを得ない前提ですので、アメリカの「クリーンネットワーク」陣営に入れてもらうために法律を作り中華資本をICT関連からパージしましょうという流れは加速することになります。

 とはいえ、日本も無批判にアメリカの方針に乗っかって前のめりになったところで、我が国最大の貿易相手国である中国と決定的に決別することのリスクもまたあります。

 コロナウイルスが流行して対策を進める中で終わりなき経済対策をやらなければならない日本の選択肢が随分少なくなっているところへ今回の事態というのは実に厳しい踏み絵だなと思いながらも、立ち止まっていても仕方がないので涙を拭いて歩き続けるしかないのかなと思います。はい。

 新たに連絡用のTwitterアカウントを取得しました。よろしければフォローをお願いします!
https://twitter.com/Ichiro_leadoff

山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15879273/


  • 【好評配信中!】ご購読はこちら→やまもといちろうメールマガジン『人間迷路』
  • 【月1で豪華ゲストが登場!】山本一郎主宰の経営情報グループ「漆黒と灯火」詳細はこちら!
  • あわせて読みたい

    「米中関係」の記事一覧へ

    トピックス

    ランキング

    1. 1

      期限迫る国勢調査 前回下回るか

      BLOGOS しらべる部

    2. 2

      万年野党の方が楽? 新立民に呆れ

      諌山裕

    3. 3

      舛添氏「気の緩み」に医師が反論

      中村ゆきつぐ

    4. 4

      育ちのいい人 マナー本に苛立ち

      シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    5. 5

      よくバレなかったな 瀬戸の本性

      NEWSポストセブン

    6. 6

      旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

      PRESIDENT Online

    7. 7

      髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

      女性自身

    8. 8

      国民の思考停止を招いた安倍政権

      内田樹

    9. 9

      日本の携帯料金は本当に高いのか

      永江一石

    10. 10

      討論会で自滅 トランプ氏のミス

      音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    ランキング一覧

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。