記事

新型コロナウイルス ファクターX?

1/2
日本で新型コロナウイルスによる死者は現在下記の通りとなっております。
死亡者数は連日数人の上乗せがあり1025人。
重症者は少し増えて全国で115人です。

上記の数字は、決して少なくはないものの、全国規模であることを考えると、季節性の感冒ウイルスやインフルエンザなどと比較しても特別に大きな数字でないことは確かです。


下図はコロナ制圧タスクフォースより抜粋させていただいた図ですが、日本の死者数が欧米諸国と比べて非常に少ないことは一目で分かります。


なぜ日本で死亡者数が少ないのか?
この理由は未だに明らかになっておらず、理由がわからないのでファクターXと呼ばれています。
よく言われているファクターXの要素を挙げます。

1.日本人の衛生観念が高い
2.医療水準が高い
3.遺伝的な東アジア人の特性(HLAなど)
4.ウイルス型の違い
5.BCG接種
6.集団免疫

などなど、です。

1.2.についてはある程度関与があるかもしれませんが、それだけで大差が出るかというと、私はそれだけとは思いません。
3,4,5, 6についてはいずれも現時点では仮説のレベルを出ませんが、どれも可能性があるものだと思っています。
ただ、BCGについては一時期よりはあまり言われなくなってきているようですね。

今回はこのうち、4,6に関連する一つの仮説を紹介します。
京大の上久保教授と吉備国際大学の高橋教授いう方が発表し、新聞や雑誌にも掲載されていたものです。

概要としては、新型コロナウイルスの型とその流入タイミングによって日本国内で既にある程度集団免疫ができていたという説です。

この研究によると新型コロナウイルスには3つのタイプがあり、下記に分かれます。

S型:先祖型、G型の致死率をあげる
K型:弱毒型、G型への免疫を誘導する
G型:重症の肺炎を起こし得る。武漢型と武漢型を元に変異した欧米型がある

このS型は昨年10-12月ころに欧米など世界中に拡散したウイルスで、一方同じく軽症の多いK型については今年の1月頃から日本に侵入したとされる型です。
その後、やや遅れて重症化リスクの高いG型が武漢から世界に拡散。
一部のG型はさらに変異して欧米に広がったと考えられています。

この、ウイルス型に関する情報はGISAIDのサイトで確認できるようです。

要点は、S型が広がっていた国ではG型が入った際に重症化し死亡率が上がる。
一方、K型が広がっていた国ではG型に対する免疫ができる、ということです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  8. 8

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  9. 9

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。