記事

ベイルートの大爆発

ベイルート港の大爆発は、どうやら市の中心に大量の危険物資の貯蔵を許していた、当局の怠慢と腐敗ということになりつつあり、複数の港湾当局者が逮捕されているようで、イスラエルやヒズボッラーによるテロやサボタージュとの見方は急速に説得力を失いつつある模様ですが、IDFも本件にイスラエルもヒズボッラーも関わって居なかったと見ているらしい傍証として、レバノン国境のIDFの縮小が上げられます。

実はこの事件が起きる前に、シリア東部およびゴラン高地を巡り緊張が高まり、IDFは特にヒズボッラーの報復攻撃を警戒して、レバノン国境等の部隊を増強して、警戒態勢を引き上げていました。
この点に関して、al sharqal awsat net は、IDFが6日から国境方面の兵力を削減し、警戒態勢も数度低下させたと報じています。
この措置に関して、IDFの軍事筋は、イスラエルの軍事安全保障情報筋はいずれも、最近のベイルート情勢を踏まえて、ヒズボッラーが近々イスラエルに対する報復攻撃をすることはないと考えているからとしている由。
https://aawsat.com/home/article/2433656/%D8%A7%D9%84%D8%AC%D9%8A%D8%B4-%D8%A7%D9%84%D8%A5%D8%B3%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D9%8A%D9%84%D9%8A-%D9%8A%D8%AE%D9%81%D9%81-%D8%AD%D8%B4%D9%88%D8%AF%D9%87-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%AD%D8%AF%D9%88%D8%AF-%D9%84%D8%A8%D9%86%D8%A7%D9%86

これだけでは勿論彼らが事件委関与していなかったことの証拠にはなりませんが、IDFが関与していた場合は勿論のこと、ヒズボッラーが関与していた場合でも、IDFとしては当然兵力を縮小するどころか、大幅に強化するに決まっていますので、矢張りこの動きは、両者とも関係していないという強力な傍証になるでしょう。
勿論、両者の関係が今後のベイルート爆発事件調査やヒズボッラーの跳ね上がり者の行動とかで、再度緊張する可能性は常にあるので要注意ではあります

あわせて読みたい

「レバノン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。