記事

野田総理の本性

意味不明の内閣改造が行われ、よりによって、文部科学大臣が変わった。
イジメ自殺の問題が社会問題となり、発端となった大津でも裁判が継続中、文部科学省が『夏休み』に出した実態調査の集計も終わっていない。
さらには、三月の参議院決算委員会で明らかにした、継続的にPTA会費を教師たちが『裏手当』として受給していた問題、目的外流用をしていた問題についても、集計が終了していないばかりか、問題解決のための具体的な動きも中途半端な中での文部科学大臣の交代。

野田総理は七月、深刻化するイジメ問題に対し、記者会見で、カメラ目線で、イジメに苦しむ者たちにメッセージを送ったが、それがどれだけ軽薄なものだったのかを、自ら明らかにしたようなものだ。

多分、今頃、新大臣は、官僚から懸案事項のレクチャーを必死に受けているんだろう。
だが、一から勉強します、なんていう話ではないのだ。
論功行賞人事?
そんなことは、子供達を守る為には百害あって一利なし、だ。

また、拉致担当大臣も変わった。
北朝鮮情勢が変化している渦中の交代。
胸に付けている『ブルーリボン』も、パフォーマンスだと自ら認めているようなもの。
何の罪もない拉致被害者を、そして被害者家族の心を踏みにじるような改造だ。

今、こうしている間も、事件が隠ぺいされ、命が震えている…。

怒りに震え、歯を噛みしめ過ぎたからなのか、虫歯もないのに、歯茎に激痛が走っている。
この痛みを、覚悟に変えて、売国無責任政党打倒に全力を傾注したい。

あわせて読みたい

「野田内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。