記事

arret:幼児の逸失利益について定期金賠償が認められた事例

最判令和2年7月14日(PDF判決全文

4歳の子がトラックにはねられて高次機能障害を負ったという事例で、18歳から67歳までの収入喪失に関する逸失利益を定期金賠償するよう求めて、原審もこれを認めたところ、被告側が定期金賠償は被害者の死亡により支払い義務の終期がくる性質の賠償について認められるものであるから逸失利益には妥当しないなどとして上告した。

最高裁は上告棄却。

一時金による逸失利益の賠償額算定は、不確実な将来予測とフィクションに基づくもので将来現実化した事情と乖離する可能性があり、また民法は一時金でなければならないという規定はおいておらず、かえって定期金賠償を前提とする民訴法117条があるので、損害の公平な分配のためには一時金賠償が妥当な場合もある。

[画像をブログで見る]

また事故後に被害者が死亡した場合も、その原因が事故当時に存在して近い将来の死亡が予見できる場合でなければ、逸失利益算定に考慮されないのであるから、定期金賠償であっても被害者の死亡時に定期金が打ち切られるとするのは相当ではない。

ということで、本件では定期金賠償によることが相当と認められたのである。

なお、小池裕裁判官の補足意見では、「被害者の死亡後もその遺族等に対する定期金による賠償の支払義務が継続すること」への違和感があるだろうが、その場合も民訴法117条の適用または類推適用により一時金に引き直すことが可能ではないかと述べている。

なお、定期金賠償ということで調べたら、以下のような書籍にあたった。未見だが、そそられる表題ではある。

あわせて読みたい

「裁判」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  10. 10

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。