記事

韓国「安倍土下座像」を平然と設置する悪趣味さ…一体日本は何度謝るべきなのか

1/2

植物園園長は前言撤回「男性を象徴するもの」

「ここまでやるのか……」

韓国の植物園で、「慰安婦像に“土下座”する安倍総理の像」が作られたとの報道を受けて、そう思った人は少なくないだろう。

「安倍土下座像」を平然と設置する悪趣味
写真=EPA/時事通信フォト

7月25日、韓国江原道平昌にある民間の植物園で「永遠の贖罪」と題された像について、「土下座」している像が安倍総理を模したもので8月に除幕式が行われる、と韓国メディア「京郷新聞」が報じると、日本メディアもこれを報じた。像自体は以前からあったもののようで、これを理由に「今騒ぐのは、コロナの失政を隠したい安倍政権(や安倍支持者)の策略だ」などとする指摘もネット上にあるが、植物園は2012年の火災で休園しており、今年6月に再オープン、8月に除幕式を予定していたため、この時期に韓国メディアが報じたのがきっかけだ。

国境を越えてニュースが拡散され大騒動になったためか、植物園園長は当初、「安倍総理を模した」としていた前言を撤回。「男性を象徴するもの」「少女の父親かもしれない」などと述べたが、時すでに遅し。情報の拡散スピード、拡散範囲、それに対する反応がどういったものかという現状を全く理解していなかったのではないだろうか。

韓国政府の具体的な対応はいまだなし

報道を受けて菅官房長官は「国際儀礼上、許されない」「報道が事実であるとすれば日韓関係に決定的な影響を与える」と批判。もちろん、設置は私有地であるため日本大使館前や領事館前の慰安婦像のように、ウィーン条約〔第22条・接受国は(中略)公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する〕を理由に日本政府が撤去を迫ることはできない。

一方で、私有地とはいえ、自宅の一角にひっそりと建てたものとは違い、「広く、多くの人に見せるため」に作られたものであることも事実。さすがに韓国政府が「他国の指導者を礼遇する外交慣例を考慮すべき」との立場を示したが、具体的な対応はまだ行われていないようだ。「良識」ある対応を望みたい。

像を制作した彫刻家は「西ドイツの(ブラント)首相がユダヤ人を賛える慰霊塔の前でひざまずき謝罪する姿から作品のインスピレーションを得た」とし、「安倍総理を模したものではない」と述べている。さらには「日本の真の謝罪があったとすれば作品の見方と解釈も変わっただろう。ひざまずいている対象が安倍首相かどうかを離れて重要なことは日本の真の謝罪」とも述べている。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  5. 5

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  8. 8

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  9. 9

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  10. 10

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。