記事

退職者続出 陸自の第1空挺団長は“パワハラ”常習者で通称「ハカイダー」 部下全員の貯金やローン額について書類提出させていた - 松岡 久蔵

1/2

「この夏の人事で、陸上自衛隊はパワハラで隊員が皆殺しになるかもしれない」

 筆者に内部告発した防衛省幹部はこう肩を落とした。

 隊員への被害がこれほど懸念されるのは、この夏の人事で一般企業の人事部長にあたる(陸上幕僚監部)人事教育部長に就任するのが確実視されている戒田重雄陸将補。現在は陸自唯一の落下傘部隊である「第1空挺団」の団長を務める。

第1空挺団長を務める戒田重雄陸将補(第1空挺団ホームページより)

学生時代から後輩にハラスメント

 第1空挺団は千葉県習志野市に拠点を置き、陸自きってのエリート部隊として知られる。標語は「精鋭無比」。約2000人の団員がいる。空挺部隊は上空300mからパラシュートで飛び降りることを任務としており、日々の訓練も含めて、常に死と隣り合わせにある危険な部隊である。その団長がパワハラの権化のような人物だとはにわかには信じがたい。

 先の防衛省幹部はこう話す。

「彼のニックネームは学生時代から名前をもじって『ハカイダー』。少林寺拳法部では後輩に対するハラスメントで人を破壊しまくっていました。1年生に手押し車の姿勢で手にモップを持たせてモップがけをさせるという拷問のようなシゴキをした上、夜の休み時間にも下級生にうさぎ跳びでジュースを買いに行かせたり、もはやこの手の話は枚挙にいとまがないほどです。

 任官してからも渡り歩くポストほぼすべてで、誰かを潰したり、人生を歪めさせたりしており、まさに人材を破壊し続けているのです。2018年3月に空挺団長に就任してから10人近くが辞めています。前任者時代の退職者はゼロでした」

土嚢のひもの種類やたたみ方で激怒

 昨年、千葉県を大型台風が襲った際には、第1空挺団は落木を伐採するなどの献身的な活動で注目を集めた。しかし、対外的にはイメージ向上となっているはずの災害時の活動についても、内部では不満の声が高まっているという。

「上へのアピールには熱心で、災害時の落木伐採や屋根のブルーシート張りなど第1空挺団の本来業務でない仕事を命令する。地元住民の方は喜ぶとは思うのですが、その間に部隊は訓練をはじめ、様々な活動に従事できなくなるため、パフォーマンス以外の何物でもありません。

 しかも土嚢のひもの種類やたたみ方という無意味な内容まで部下の幹部に命令し、従わないと激怒するので、災害支援にも支障をきたしています」

部下の貯金が少ないとキレる

 戒田氏のハラスメントについては、多くの情報が寄せられた。筆者は複数の元空挺団員を含む陸上自衛隊関係者に取材したところ、以下のような所業が明らかになった。

「2018年11月、戒田氏は空挺団の中に借金がある団員がいることを知り、『金銭管理ができていないやつは自衛隊失格だ!』と激怒し、部下全員の貯金やローンなど、家計について書類提出させたのです。戒田氏なりの貯金の基準は100万円らしく、それ未満だと罵倒し、それ以上だと『エラい!』とわめきちらしていていました。借金を抱えている事実を周囲に知られ、恥をかいた隊員は少なくありません」(第1空挺団関係者)

 改めて言うまでもなく、自衛隊であろうと個人の金銭事情はプライバシーの最たるものである。個人情報や人権を保護する観点からも最悪だが、現場の士気は著しく下がった。

 また、別の第1空挺団関係者も嘆きを口にした。

「この無意味な『調査』は通常業務とは別に行われたため、集約に当たった各部隊の指揮官は早朝出勤に加えて、課業後の残業が1日当たり2~3時間増えました。ひどいときには深夜11時までの勤務や土日出勤も強いられています。空挺部隊本来の訓練もできず、これでは最精鋭部隊に入った甲斐がありません」

 自衛隊員は国民の税金で雇われた公務員であり、個人の恣意的な命令で時間とエネルギーをムダにしていい理由は何一つない。

「中間管理職も、間接的な被害者であるといえます」

 パワハラ事案に詳しい、弁護士の佐々木亮氏が解説する。

「今回のケースは、一般的に定義されている『パワハラ6類型』のうち、『精神的な攻撃(ひどい暴言)』と『個の侵害』に当たります。借金や貯金は基本的には個人の問題で、業務には何も関係ありません。民間企業であれば、民事訴訟で損害賠償請求の対象となるでしょう。

 また、とりまとめに当たった中間管理職も、本来やる必要のないハラスメントに関する命令を受けているので、間接的な被害者であるといえます。

 私が過去に相談を受けた、業務と関係ないことについて言及したパワハラの暴言としては、『親は破産しているのか? おまえもそうなるだろう』といった類似例があります。

(本件では)『借金をして脅されるリスクがある』『機密情報を漏らすリスクがある』との言い訳も考えられますが、そもそも上司がみんなの前で公表して罵倒するなど論外です」

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  4. 4

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  5. 5

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  6. 6

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    マツコ東京疲れ 田舎へ憧れ語る

    SmartFLASH

  9. 9

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  10. 10

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。