記事
  • ロイター

FRB、即時決済システム開発急ぐ コロナ禍で=ブレイナード理事


[6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は6日、FRBが開発を進めている即時決済システムについて、稼働時期は引き続き2023年もしくは24年を予定しているが、重要部分の開発に重点を置き、できるだけ早い稼働を目指すと表明した。

ブレイナード氏は、新型コロナウイルス禍に伴い、資金を速やかに利用できる環境の重要性が浮き彫りになっており、低所得層の多くはコロナ禍で消費を大幅に減らしたものの、政府から緊急支援金を得た途端に消費が拡大したと指摘した。

その上で「即時決済システムを通じて資金を配布することができれば、すぐにお金が必要な人々への重圧を和らげることができる」と述べた。

クリーブランド地区連銀のメスター総裁は今年2月、FRBが高速決済システムの開発に当たり、民間部門などとの協力を模索していると明らかにした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  4. 4

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  5. 5

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  6. 6

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  7. 7

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。