記事
  • ロイター

米、台湾への大型ドローン販売で交渉 米中対立さらに激化も


[ワシントン 6日 ロイター] - 米政府が台湾に大型の高性能ドローン(無人機)少なくとも4機を販売することで交渉していることが、複数の米国の関係筋の話で明らかになった。実現すれば米中間の緊張が一段と高まる恐れがある。

米国が販売を交渉しているのは「シーガーディアン」ドローン。航続距離は6000カイリ(1万1100キロ)と、台湾が現在所有しているドローンの160カイリを大きく上回る。

関係筋によると、ドローン4機と関連設備、トレーニングやサポートなどを含めた販売総額は約6億ドルになる可能性がある。

台湾は中国の脅威が増大していることを受け、軍備を増強。ただ関係筋は、ドローンに武器を装着した状態で販売することを米政府が承認したかは分からないとしている。

台北駐米経済文化代表処(台湾外交部の代表)からこの件に関するコメントは得られていない。米国務省報道官は「防衛装備品の販売などについて、議会に正式に通知する前にコメントを行ったり、確認したりすることはない」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。