記事
  • ロイター
  • 2020年08月07日 00:50 (配信日時 08月07日 08:36)

米コロナ追加対策協議続く、規模など巡り溝埋まらず


[ワシントン 6日 ロイター] - 米政権と民主党指導部による新型コロナウイルス追加経済対策法案を巡る協議が続く中、共和党上院トップのマコネル院内総務は6日、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)による影響に対処するために、米経済には「さらなる後押し」が必要だと述べた。与野党協議は法案の規模や内容を巡ってなお溝が埋まっていない。

トランプ大統領は同日、家賃未払いによる立ち退きの猶予や失業給付金などに的を絞った大統領令を策定していると表明。学生ローン返済猶予や給与税減税なども盛り込まれるとした。[nL4N2F84Q2]

ムニューシン財務長官とメドウズ大統領首席補佐官は、民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務と再び協議に入っている。

上院議員の多くはすでにワシントンを離れたが、4者は合意を目指して協議を継続。合意に至れば、上院議員をワシントンに呼び戻して採決が行われる可能性もある。

メドウズ氏は協議開始前に記者団に対し、法案の全体の規模で合意する必要があると強調し、この点で一致しなければ「その先の対話をするインセンティブはほとんどない」と述べた。

民主党が3兆4000億ドル規模の法案を求めているのに対し、共和党は先週、1兆ドルの案を提示した。

シューマー氏は協議の期間を巡り「われわれは期限を設定していない」と語った。

ペロシ氏は記者会見で、パンデミックによる失業者の命綱となっている週600ドルの失業給付金を復活させることは譲らないと強調した。7月末に期限を迎えた失業給付金の上乗せ措置を巡っては、労働意欲を削ぐとして共和党が上乗せ額の減額を求めている。

ペロシ氏は、交渉が継続している間に一時的な解決策で合意するという共和党の提案を拒否したほか、家賃未払いによる立ち退き猶予を延長する大統領令については発令を望むと述べた。

マコネル氏はCNBCで、追加支援策が必要という点で米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長やムニューシン財務長官と見解を共有しているとし、「追加の合意が求められている。米経済にはさらなる後押しが必要だ」と語った。

また、失業給付の支給額は減らすべきとしたほか、追加支援策には新型コロナ禍で活動を再開する企業や学校などを訴訟から守る免責条項を含める必要があると改めて主張した。

上院での審議は来週から再開されるが、何らかの採決がある場合には少なくとも24時間前に通知するとした。

共和党のシェルビー上院議員は記者団に対し「合意に至らないかもしれない。多くの悲観的な見方がある」と語った。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。