記事

トヨタ、コロナ禍でも黒字確保

トヨタは、2020年4~6月期の連結決算で黒字を確保しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、各地域で販売が減少したにもかかわらず、なぜ、トヨタは黒字を確保できたのか。


トヨタ自動車が6日、発表した2020年4~6月期の連結決算は、売上高が前の年の同じ期に比べて40.4%減の4兆6007億円、営業利益が同98.1%減の139億円、純利益が同74.3%減の1588億円でした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、日本の自動車メーカーの2020年4~6月期の決算は、おしなべて厳しい内容でしたが、トヨタは、営業損益、純損益ともに黒字を確保したんですね。

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう販売台数減少の影響を受けているにもかかわらず、トヨタが、黒字を確保した理由はどこにあるのか。

継続して進めてきた原価低減などの取り組みによって体質が強化されたことが要因といっていいでしょう。

社長の豊田章男氏はかねてから、「原価低減の力を磨くことは、いまを生き抜くためでなく未来を生き抜くためにこそ必要」と述べてきましたが、コロナ禍にあって黒字を確保できたのは、継続的に原価を抑える取り組みを進めてきたことの成果といえるでしょう。

加えて、2020年4~6月期のトヨタ・レクサスの販売台数が、前年同期とくらべて69%となる170万6000台となり、5月時点で見通していた60%を上回って推移していることも要因としてあげられます。

中国市場で「カローラ・レビン」「RAV4」などの販売が伸びているほか、日本や欧州、北米が予想より早く回復に向かっているんですね。

2021年3月期の業績見通しは、売上高が前年比19.6%減の24兆円、営業利益が同79.2%減の5000億円は据え置き、これまで出していなかった純利益については前年比64.1%減の7300億円としました。

また、2021年3月期のグループの世界販売台数見通しは、890万台から910万台に引き上げました。

新型コロナの影響により先行きが不透明な中で、トヨタが今回、これまで出していなかった純利益の見通しを開示したのは、一つの基準を示すことによって、アフターコロナの経済復興の牽引役として、日本経済を回す覚悟を示すためと見ていいでしょう。

また、販売店や仕入先などが、それによって何らかの計画ができるという理由もあるでしょう。

日本のみならず、世界中の企業がコロナ禍で厳しい状況を強いられていますが、一つの基準を示すことの意味は小さくありません。

このコロナ禍を落ち着いて乗りこえていこうという、トヨタの強い意思が感じられます。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ガンダムにはなぜイライラする女性キャラが出てくるのか?一気観で生まれた疑問

    倉持由香

    10月19日 12:16

  2. 2

    「今日の仕事は、楽しみですか。」"炎上→即謝罪"を歓迎するSNS社会の末路

    PRESIDENT Online

    10月19日 14:13

  3. 3

    斎藤佑樹投手の引退セレモニー「敗者の弁」を引き受けた勇気を称賛

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    10月19日 10:20

  4. 4

    iPhoneなら3800円惜しまずAirTagは買え!! を体感した伝説(笑)の日

    永江一石

    10月19日 09:23

  5. 5

    共産党はマンガ・アニメの規制にカジを切ったのか

    紙屋高雪

    10月19日 09:30

  6. 6

    【衆院選】投票の心構えと公約比較 安保政策で自公に距離、野党各党はエネルギー・経済財政で特色

    宇佐美典也

    10月19日 16:16

  7. 7

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  8. 8

    北が不穏な動き 公示日に出陣式への出席を取り止めて急遽官邸に戻った岸田首相は正解

    早川忠孝

    10月19日 15:54

  9. 9

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  10. 10

    東京都で新たに36人の感染確認 11日連続で100人下回る 重症者26人 死亡13人

    ABEMA TIMES

    10月19日 17:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。