記事

リアル峰不二子こと小倉優香が突然ラジオで〝降板テロ〟理由はオトコ?

BLOGOS編集部

「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオが辛くなったので辞めさせて下さい」

〝リアル峰不二子〟と呼ばれているグラビアアイドルで女優の小倉優香(21)が、水曜日にレギュラー出演してきた大阪MBSラジオ「アッパレやってまーす!」(後10時〜11時30分)の生放送中に、突然「番組降板」宣言をした〝降板テロ〟が、放送業界だけではなく芸能界に大きな衝撃と波紋を広げている。

番組エンディングで起きた前代未聞の降板宣言

同番組は、ケンドーコバヤシ(48)、お笑いコンビ「アンガールズ」の山根良顕(44)、AKB48の柏木由紀(29)が共演しているが、騒動は7月29日の生放送中に起こった。

番組のエンディング間際にケンコバが共演者に「何かお知らせは」と問いかけると、突然に小倉が「どのくらいあるかな」と切り出し、「1分ある? でしたら、手短に言いますね」と前置きし、突然に冒頭の発言となった。

「ラジオを辞めたいと事務所に言ったんですけど、3〜4ヶ月、話をしてくれないのでここで言います。辞めさせて下さい」

さすがの山根も「手短に言うことか」と切り出せば、ケンコバも「申し訳ないけど、事務所に言って下さい…我々には何も権限がないんで」と困惑する中で番組は終了となった。

打ち合わせにもなかった小倉の発言は、まさに〝降板テロ〟とも言うべき行為だった。一部のスポーツ紙の記事によると、小倉の突拍子もない発言にスタジオは凍りついたそうで「ディレクター以下、番組スタッフは大激怒。スタジオ内は怒号が飛び交い修羅場と化し、小倉の所属事務所マネージャーは取り乱し号泣していた」と言われる。

「生放送中での出来事ですからね。ある意味では放送事故とも言っていい事態です。共演者も、さすがにどう対応していいのか分からない状態だったのではないでしょうか。収拾がつかなかったことも納得します。番組スタッフは対応策に追われていたと聞きました」(放送記者)

生放送中にいきなり「番組を降ろして下さい」なんて発言するなど、前代未聞の出来事だっただけに、番組スタッフも度肝を抜かれたはず。しかしその一方で、騒動を起こした小倉の情報が全く伝わってこないのも不思議な話だ。

「とりあえず言いたいことが言えたとの思いがあったのかもしれませんね。周りの慌てぶりを他所に平然としていたら、さすがに笑えませんけど」(放送関係者)

最旬のグラビアアイドルに何が

BLOGOS編集部

小倉優香は、2013年にファッション誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に出場し、ファイナリストに選出されたことがきっかけとなり芸能界入り。その年に「東京ガールズコレクション」にモデルとして出演している。その後、15年には日テレ「学校のカイダン」に出演し、女優としての活動もスタートした。

さらに、高校を卒業した17年には「週刊ヤングマガジン」の表紙と巻頭を飾り、グラビアデビュー。現在はスポーツアパレルの「BODYMAKER2020イメージキャラクター」や「川崎競馬イメージキャラクター」などを務めている他、映画「ぐらんぶる」にも出演している。一部の業界関係者の間には「旬なグラビアモデル」と評価する声もあるが、小倉本人は、そのウリとなっているグラビアすらも「卒業したい」と言っているようだ。

「清純派のようでありながら歯に衣着せぬ言動が今どきの芸能人らしく、業界内には期待する声もあることは確かです。ただ、ネットでの評判はイマイチで、性格が悪いとか、かつては夜遊びが激しいなんて言われ方もしていました。もっとも妬みのようなものもあったのかもしれませんけど…。

しかし、今回のラジオの生放送で〝降ろして下さい〟なんて発言は非常識過ぎて論外。プロの芸能人の行動としてもアウトです。これはイメージダウン以前の話ですよ」(アイドルウオッチャー)

松本人志「この感覚は本当に分からん」

BLOGOS編集部

この問題を扱った8月2日の「ワイドナショー」(フジテレビ)では、元AKB48の指原莉乃(27)がシビアにコメントしていた。

「(MBSラジオも小倉も)お互いにとってお得じゃないですか? 本人もそれくらいの覚悟を持ってやっていると思いますし。必要とされていない雰囲気もあったんじゃないですか? あ、私、別にいなくていいんじゃないかって」

「ワイドナショー」の収録前に、(ラジオで共演していた)柏木から当時の様子などを聞いたのかもしれない。それほど指原の発言には説得力を感じた。

さらに続けて、司会の東野幸治(52)から「指原さんだったらこんなことします?」と問われると「するわけないじゃないですか。ありがたいと思っちゃうから」と即答。

「彼女もきっと、もう芸能界の仕事いらないっていう覚悟で言っていると思いませんか? じゃないとこんなこと言えないんじゃない?」

と、小倉の行動に対して一歩踏み込んだ発言をしていた。

一方、松本人志(56)も「この感覚は本当に分からんわ。これが新しい芸能界のスタイルになるのかな」と疑問を投げかけていた。

ある芸能事務所の幹部は「他の事務所のことを言うのは気が重いが…」と前置きした上で芸能プロの現状を語ってくれた。

「このようなことが起こると、どうしても事務所の管理問題だと言われても仕方ないと思います。ですが、特にモデル事務所の場合は現場のスタッフも若いですし、タレントとの関係を考えてしまうと何も言えないのかもしれませんね。

いずれにしても、今の芸能界の流れは良くも悪くもタレントとしての教育以前に売ることに力を入れていますからね。プロとしての自覚が乏しくなるし、結局は質もレベルも落ちるわけですから、現場でトラブルが出てくることは仕方のないことかもしれません。

恐ろしいことですが小倉さんのような、ある意味で自己中心的なタレントは増えていくと思いますよ。今後はトラブルを避けるためにCMやドラマ、映画などは、まずは〝人物検査〟なんてことになっていくかもしれませんね」

降板宣言の裏に男性関係か

朝倉未来 Mikuru Asakura - YouTube

それにしても、今回の小倉の〝降板テロ〟について「裏に匂わせ愛が関係している」と報じるメディアもある。芸能関係者は言う。

「小倉は、BODYMAKER2020のイメージキャラクターをやっていることもありますが、格闘技のRIZINのエースでYouTuberとしても人気の朝倉未来(28)との交際が発覚していました。彼のYouTubeチャンネルは136万人以上の登録があり、年収は5000万円とも1億円とも言われているんです。

そう言ったこともあってか、彼女は朝倉に夢中になっているようなのです。要するに今の気持ちは〝仕事よりも朝倉〟ってことかもしれません。指原が言うように、自分がいなくても全く問題のないラジオなんかに出ているよりも朝倉と一緒にいたいのでしょう。

もっとも、朝倉が小倉のことをどの程度、考えているかは疑問ですが…。ただ、小倉自身は結婚も視野にしていると思いますよ」

MBSラジオ「事務所の判断を待ってから」

MBSラジオの担当者に問い合わせると「この件に関しては局としてのコメントはありません」と素っ気無い。早い話が「番組を聴いて判断してくれ」と言うことのようだ。

5日放送の「アッパレやってまーす!」、小倉優香はさすがに欠席した。

番組でケンコバは「先週のエンディング、衝撃的でしたね」と具体的な内容には触れず、核心なコメントは避けた。

BLOGOS編集部

MBSラジオの担当者は、

「まずは事務所が本人と話して決めることで、(局としては)事務所の判断を待って判断したいと思っています。ですから現時点でお答えすることはありません」

などと言っていたが、実は、この説明も正直おかしな話だ。本来なら事務所の判断ではなく、まずは局としての対応だろう。生放送で、躊躇(ちゅうちょ)することなく「降ろして下さい」と言われたにもかかわらず、局の判断の前に事務所に問題を丸投げしてしまうと言うのはしっくりこない。

「映画や CMで人気があるのかもしれませんが、芸能界での知名度は低い。人によっては小倉優子と間違えてしまうほどです。何よりラジオの共演者の顔ぶれから見ても比較にならない。月とスッポンです。

にもかかわらず、生放送中に平然と『降ろして下さい』なんて言うのは、共演者に対して失礼極まりない。プロとして最低の行動です。5日の放送でケンコバらは『来週はどうなるんでしょう』『奇跡の帰還なるか』『もしかしたら、なりすましが座っているかも』などと冗談っぽく言っていましたが、もはや戻ってきてもうまくいくはずありません。ハッキリ言ったら彼女の代わりなんていくらでもいます」(芸能関係者)

自ら仕事を放り出した小倉。一事が万事である。事務所はラジオへの復帰より、芸能界以外の道を真剣に協議した方がいい。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。