記事

秋篠宮家に難局 行事めぐり官邸と綱引き、慢性的人手不足も

「立皇嗣の礼」の延期や職員の異動など、悩みのタネは多い(2月7日、東京・千代田区 撮影/JMPA)

 秋篠宮家の周辺で難局が続いている。まず「立皇嗣の礼」。秋篠宮さまが皇嗣となられたことを宣言するこの儀式はもともと4月中旬に予定されていた。しかし、直前に延期が決定し、開催時期は不透明なまま。その裏には秋篠宮家と官邸との“綱引き”があるという。

【写真】眞子さま、佳子さまがマスク姿で微笑まれている

「官邸としては規模を縮小してでも10月中には行いたいと考えているようです。立皇嗣の礼は一連の御代がわり行事の締めくくりとなるもの。このままではいつまでも御代がわり行事が終えられません。

 ですが、当の秋篠宮家側は 規模の縮小には消極的だそうです。特に紀子さまは“当初予定されていた規模で盛大に儀式が行えるまで、できる限り待ちたい”とお考えだと聞きます。そのため『急ぐ官邸』と『待ちたい秋篠宮家』とで、齟齬があるようです」(宮内庁関係者)

 秋篠宮ご夫妻を悩ませるのはそれだけではない。宮家を支える皇嗣職の職員に、ある“異変”があった。

「公務や私的な活動の調整にあたる『宮務官(きゅうむかん)』という職員の1人が、7月末日付で異動になりました。問題なのは、本来はただちに人員補填で着任するはずの後任者がまだ決まっていないことです」(前出・宮内庁関係者)

 異動した宮務官は40代半ばの男性職員。昨年5月から宮務官として働いていたが、自ら願い出をして「依願免職」したという。

 5人の皇族方を支える秋篠宮家の職員の仕事量は多く、宮家の屋台骨を支える紀子さまは、厳格で要求水準が高い。そのため、宮内庁内部で秋篠宮家は「ご難場」と呼ばれるほど難しい職場だという。異動した宮務官の後任が決まるまで、現在の職員の負担はさらに大きくなる。

「そもそも、宮務官の定員は10人なのですが、御代がわり以降は8人という“定員割れ”の状態もありました。紀子さまの厳しさをよく知る宮内庁内部からは人材が集まらず、“慢性的な人手不足”なんです」(前出・宮内庁関係者)

※女性セブン2020年8月20・27日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  6. 6

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  7. 7

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  8. 8

    岸部四郎さんの壮絶な借金地獄

    文春オンライン

  9. 9

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  10. 10

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。