記事

人口減少で国内不動産経営はどう変わる?

[ブログで画像を見る]

【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

総務省の人口動態調査によれは、1月1日時点の日本人は1億2427万1318人と前年から50万5046人減りました。日本人が前年に比べて増えたのは東京、神奈川、沖縄の3都県しかありません、

しかし、東京でも自然減は加速しており、外国人を含めた都外からの流入が人口増の支えになっています。

5月は、東京でも外国人を合わせて1千人以上の転出超過となり、6月には転入超過に戻ったものの、変化の兆しも感じられます。

東京の優位性は変わりませんが、油断ができない状況になっていることを示しています。

今後、外国人の人口流入の動きに変化が続けば、日本人だけで今までの人口増加のペースを維持することが難しく、ダメージは大きくなります。

また、地方の不動産経営はさらに厳しくなるのは確実です。

では、このような環境下で生き残るためにはどうしたら良いのか?

「地域1番戦略」が基本になると思います。

まず、都心のワンルームマンションでは、駅からの距離が重要です。

例えば、徒歩10分のエリアは、徒歩5分の4倍あります。駅から近ければ近いほど、競合物件が減り、高い利便性から賃貸がつきやすくなるのです。

また、地方向けにも戦略があります。

私がお付き合いしている新築一棟ものの不動産販売会社は、間取りの工夫や、セキュリティー対策の予定間との圧倒的な差別化を実現しています。

地方物件にもかかわらず、極めて高い入居率を維持し、家賃も下落しにくいのが特徴です。

そのような物件であれば、賃貸需要が減退したとしても、他の物件の教室を維持していくことが可能です。

いずれにしても、これからは漫然とした不動産経営は大きな試練に直面するはずです。

的確な情報と、迅速な投資判断も行うことが極めて重要だと言う事は言うまでもありません。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年8月6日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  4. 4

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  5. 5

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  6. 6

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  9. 9

    マツコ東京疲れ 田舎へ憧れ語る

    SmartFLASH

  10. 10

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。