記事

「悪い感染があるのか」Go To事業めぐり観光庁担当者を厳しく問い詰める場面

5日に開かれたGo Toキャンペーン事業に関する野党合同国対ヒアリングで、事業に参加する宿泊施設で感染者が発生した場合の対応について質問が飛んだ。

川内議員:共同通信社

観光庁の担当者が「問題視すべきようなケースであれば、我々の方でも検査に入りましたり、登録を取り消す、また最悪の場合、公表というところまで至るケースもありうる」と説明すると、国民民主党の原口一博議員はキャンペーンを即刻やめるべきだと指摘し、「あなた方は裁判官か何かのように、その人たちをジャッジする、そんな立場じゃないと思いますよ」と批判した。

立憲民主党の川内博史議員は、ホテルから感染者が発生してしまう状況は「悪いことなのか」と繰り返し厳しく質問。観光庁の対応には矛盾があるとし、「行政ができるのは、感染状況を正確にしっかりと把握しようとする努力をすること」だと指摘した。

川内議員:悪い感染の仕方があると思ってるってことなんですか?

担当者:そこは我々の方でも…

川内議員:登録を取り消すとか名前を公表するとか、悪い場合にはとおっしゃったじゃないですか。悪い感染の仕方があるんですか?

担当者:感染の仕方というかですね、ホテル等の当該施設の対応として、悪い場合が…

川内議員:だから当該施設の対応の悪さというのはなんですか。

担当者のコメント、質疑のやりとりは次の通り。

観光庁担当者:まず一つ目からお答えさせていただきます。昨日のヒアリングの時点でお答えすることができなかったんですけども、昨日の時点で事務局の方に上がってきた情報について我々の方でも報告を受けてございます。しかしながら詳細については、この場では差し控えさせていただきたいと考えております。

と言うのは、先生方にもこの点はご理解いただきたいのはですね、我々は今前広に情報をくださいということでお願いをしておりまして、その情報の中には様々なレベルがございます。一番問題視すべきような事例としては、例えばクラスター感染の要因になり、かつ当該ホテル等の対応に不適切な点があったというような、一番ひどい事例としては問題すべきような事例と思っておりますけども、それ以外にもホテルの方に連絡があって、ホテルが知った情報というのには様々な内容がございまして、例えば陽性者が出られてその方の行動、移動経路を14日間確認した、その中に当該ホテルが含まれていた、けれどもまだちょっとどういう因果関係か、どういう状況だったかがまだ判明していないというような時点の情報もございますので、ちょっとあの、そういったところも含めて精査が必要かと思っておりますし、この場で詳細について申し上げますと風評被害とかですね、そういった面の恐れも考えられますので、そこについては差し控えさせていただければと思います。

(中略)

登録と公表というところでございますが、一つ目にお答えした内容とも重複しますけれども、その情報のレベルがある程度見極めがついた段階で、問題視すべきようなケースであれば、我々の方でも検査に入りましたり、登録を取り消す、また最悪の場合、公表というところまで至るケースもありうるのかなという風に考えてございますが、そうではない場合、たまたまそのホテルが関係していたとか、陽性者が立ち寄っただけであったりとか、非があるという風には言えないものについては、そこまでするべきではないという風にも考えておりますので、そういうものはまたちょっと別の整理が、公表、登録取り消しというところまで行かないケースも中には含まれるのであろうと考えてございます。

川内議員:今、原口先生がおっしゃられたのは非常に重要なことでね、感染することは悪いことなんですか?悪いことなんですか?行政としてそう思ってるんですか?そう評価するんですか?そこを答えてください。

担当者:悪いことと申し上げたつもりはなくてですね、そこをきちんと情報なり、どういう経緯があってそういう状況になったのかということをきちんと精査して…

川内議員:だから、悪い感染の仕方があると思ってるってことなんですか?

担当者:そこは我々の方でも…

川内議員:登録を取り消すとか名前を公表するとか、悪い場合にはとおっしゃったじゃないですか。悪い感染の仕方があるんですか?

担当者:感染の仕方というかですね、ホテル等の当該施設の対応として、悪い場合が…

川内議員:だから当該施設の対応の悪さというのはなんですか。感染防止策を講じていても、感染するときは感染するというのがウイルスなんじゃないんですか。

担当者:今、川内先生がおっしゃった通りであります。しっかりやるべきことをやっているかどうか、っていうのが一つの基準になってくると思いますので、今先生がおっしゃったような、しっかりやっていたのに感染してしまったというケースも当然…

川内議員:それは悪いことなんですか。名前を公表するようなことなんですか。

担当者:そこは我々としても…

川内議員:登録を取り消すようなことなんですか。

担当者:そこは我々として、悪いというようなことには当たらないと考えております。

川内議員:でしょう。おっしゃってることに矛盾がありますよ。

担当者:私の説明ぶりが良くなかったのかもわかりません。そこは、申し上げたかったのは、当該施設の対応として…

川内議員:よろしいですか?行政としてやるべきことは感染状況をしっかりと把握することなんです。感染拡大を抑えることはできないですよ、行政に。行政ができるのは、感染状況を正確にしっかりと把握しようとする努力をすることです。感染するときは感染しちゃうんだから。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  3. 3

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  9. 9

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。