記事

ホンダ、今期2000億円の黒字確保へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、自動車業界は大きな打撃を受けています。そうした中で、ホンダは21年3月期の営業利益が2000億円の黒字になるとの見通しを発表しました。その勝算はどこにあるのでしょうか。


ホンダが5日発表した2020年4~6月期の連結決算は、売上高が前の年の同じ期に比べて47%減の2兆1237億円、営業損益は1136億円の赤字、最終損益は808億円の赤字でした。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、世界的に需要が減少し、すべての拠点で生産や販売活動に影響を受けたことが、減収減益の理由です。

「ロックダウンなどで生産、販売がまったくできなかったことが、販売減、収益源のいちばんの要因」と、代表取締役副社長の倉石誠司氏はオンライン会見で説明しました。

四輪事業は、とくに米国、日本、インドで販売が減少しています。

これまでであれば、四輪事業の不振を二輪事業がカバーしてきました。ホンダの二輪事業はアジアに強みをもち、高い収益性をもっていますからね。

ところが、今回はその成功パターンが必ずしも通用しません。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、インド、インドネシアの二輪の販売台数が落ち込んでいるからなんですね。

新型コロナの動向が依然不透明な中で、業績回復の糸口をどこに見出せばいいのか。

「いまのような状況が続くのであれば、現状としてそれほど悪くなるという感じはないが、元に戻るのはむずかしい」と、倉石氏は、コロナ禍における今後の見通しについて述べました。

21年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比14.3%減の12兆8000億円、営業利益が68.4%減の2000億円です。

日産自動車、マツダ、三菱自動車が今期の赤字見通しを明らかにした中で、ホンダは今期2000億円の黒字確保を計画しているんですね。また、四輪の世界販売台数は6.1%減の450万台にとどまると予測しています。

「強い二輪で引っ張るが、四輪の挽回も含めている」と、専務の竹内弘平氏は述べました。

期末に向けて、どこまで四輪の販売を回復できるか。業績回復の糸口はそこにあるといえそうです。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。