記事

ホンダ、今期2000億円の黒字確保へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、自動車業界は大きな打撃を受けています。そうした中で、ホンダは21年3月期の営業利益が2000億円の黒字になるとの見通しを発表しました。その勝算はどこにあるのでしょうか。


ホンダが5日発表した2020年4~6月期の連結決算は、売上高が前の年の同じ期に比べて47%減の2兆1237億円、営業損益は1136億円の赤字、最終損益は808億円の赤字でした。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、世界的に需要が減少し、すべての拠点で生産や販売活動に影響を受けたことが、減収減益の理由です。

「ロックダウンなどで生産、販売がまったくできなかったことが、販売減、収益源のいちばんの要因」と、代表取締役副社長の倉石誠司氏はオンライン会見で説明しました。

四輪事業は、とくに米国、日本、インドで販売が減少しています。

これまでであれば、四輪事業の不振を二輪事業がカバーしてきました。ホンダの二輪事業はアジアに強みをもち、高い収益性をもっていますからね。

ところが、今回はその成功パターンが必ずしも通用しません。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、インド、インドネシアの二輪の販売台数が落ち込んでいるからなんですね。

新型コロナの動向が依然不透明な中で、業績回復の糸口をどこに見出せばいいのか。

「いまのような状況が続くのであれば、現状としてそれほど悪くなるという感じはないが、元に戻るのはむずかしい」と、倉石氏は、コロナ禍における今後の見通しについて述べました。

21年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比14.3%減の12兆8000億円、営業利益が68.4%減の2000億円です。

日産自動車、マツダ、三菱自動車が今期の赤字見通しを明らかにした中で、ホンダは今期2000億円の黒字確保を計画しているんですね。また、四輪の世界販売台数は6.1%減の450万台にとどまると予測しています。

「強い二輪で引っ張るが、四輪の挽回も含めている」と、専務の竹内弘平氏は述べました。

期末に向けて、どこまで四輪の販売を回復できるか。業績回復の糸口はそこにあるといえそうです。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  7. 7

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。