記事

厚労省、通称「アベノマスク」配布を希望する介護施設を募るページを公開

共同通信社

厚生労働省は5日、「介護施設等への布製マスクの配布希望の申出について」とするページを公開した。

この布製マスクは、政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止策として配布した、いわゆる「アベノマスク」。

全世帯向けの約1億3000万枚は配り終え、7月28日に介護施設などへの8000万枚の配布を検討していることが報じられたが、一転、延期を検討することが伝えられていた。報道をめぐっては、8000万枚を新たに発注するとの情報もあったが、実際には介護施設や保育所、幼稚園といった施設に配布するために確保したマスクの余りだという。

加藤勝信厚生労働相は7月29日、マスク配布について「配布を希望する介護施設等に随時配布するというやり方にしていきたいと考えております」と話していた。

共同通信社

介護施設等への布マスクの配布については、利用者や職員の方の感染拡大を防止する観点から、3月中旬からこれまで累計約6,000万枚を国で買い上げて配布してまいりました。これまでは、すべての対象施設に一律に配布してきましたが、現在のマスクの需給状況を踏まえ、配布を希望する介護施設等に随時配布するというやり方にしていきたいと考えております。なお、今後に備えて、国でも備蓄することとします。

5日に公開された布製マスクの配布希望に関する文書によると、募集時期は 「8月5日~当面の間」、配布対象施設は介護施設、障害者施設、児童施設等とされている。配布枚数・回数は、施設の職員を利用者を対象に1人4枚を目安として配布するということだ。

「アベノマスク」をめぐっては、介護施設からも使い勝手の悪さを指摘する声や、疲弊する現場へのより具体的な支援策を求める声が上がっていた。一方で、使い捨てマスクを入手できない人にとって、無償マスクは貴重だとする声も見られる。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。