記事
  • ロイター

独サービスPMI、7月改定値は55.6 コロナの打撃和らぐ

[ベルリン 5日 ロイター] - IHSマークイットが発表した7月のドイツ購買担当者景気指数(PMI)改定値は、サービス部門が景況拡大と悪化の分かれ目を上回った。

サービス部門PMIは55.6。新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウンが導入された3月以降で初めての50を上回り、2019年6月以来の高水準となった。4月は過去最低の16.2まで落ち込んでいた。6月は47.3だった。

IHSマークイットによると、金融、レンタル業、ビジネスサービスは、ロックダウン中の影響が限定的だったため、景況感の回復は相対的に緩やかだった。

サービス業の一部で雇用を再開する動きがでているが、パートタイム要員の採用が中心で、全体的にみるとごく限定的な回復にとどまっているという。

製造業とサービス部門を合わせた総合PMIは55.3で2018年8月以来の高水準。需要の伸びが寄与した。ただ設備稼働率は依然低迷。

IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は「第2・四半期に過去最悪の10.1%減となった国内総生産(GDP)は、第3・四半期は6%のプラスに回復すると予想されている。しかし、2021年末まではコロナ前の水準回復は見込めない」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  10. 10

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。