記事

野田第3次改造内閣の特徴はどのような点にあるか

 野田第3次改造内閣が発足しました。副大臣や政務官などはまだですが、閣僚人事の骨格が明らかになりました。
 野田さんは、これで支持の回復を図りたいところでしょうが、果たしてそうなるでしょうか。この内閣について、差し当たり、4つの特徴を指摘しておきましょう。

 第1は、政策継続という点です。今回の改造で18人のうち10人という多数の閣僚が交代したにもかかわらず、この点ははっきりしています。
 これまでの内閣を運営してきた閣僚の中心部分が変わっていないからです。内閣の要の藤村官房長官、税と社会保障の一体改革を推進してきた岡田副総理、尖閣諸島の問題を担当した玄葉外相、原発政策を所管する枝野経産省、オスプレイの沖縄配備や普天間の移設問題に関わってきた森本防衛相をはじめ、郡司農水相、羽田国土交通相、平野復興相は、いずれも留任しました。
 ということは、これらの大臣が関わる政策も基本的に継続されるということです。この間拡大してきた国民の要求との乖離を政策転換によって是正し、縮小するという意思は、今回の改造によっても示されなかったということになります。

 第2に、分裂回避のための改造であったという点です。これは党役員人事を含めた特徴だということになるでしょう。
 とりわけ、幹事長人事を急ぎ、しぶる輿石さんを説得して続投させました。代表選が終わってすぐに野田首相がこのような行動を起こしたのは、国連総会に出席している間に新たな離党者が出ることを恐れたためだとされています。総選挙の先送りと党内融和を持論とする輿石さんの続投をはっきりさせ、若手に人気のある細野さんの起用を固めることで、挙党態勢に向けてのサインを送ったのでしょう。
 閣僚人事では、民主党代表選を首相と争った原口元総務相、赤松元農林水産相、鹿野前農水相の陣営からの起用はなく、この点はそれほど明確ではありません。副大臣や政務官人事では若手や反主流グループからも登用することになるでしょうが、それが上手くいって離党の流れが収まるかどうかは今後の問題です。

 第3に、論功行賞がはっきりとした人事だということです。このような特徴は代表選後の改造では通例のことで、今回もその例外ではありませんでした。
 代表選でいち早く野田支持を表明した旧民社党グループの田中慶秋副代表を法相兼拉致担当相とし、もともと小沢さんに近かったにもかかわらず今回の選挙では早々と野田支持を打ち出した田中真紀子さんを文科相に起用しました。野田再選で功績のあった前原、樽床、城島などの党役員経験者はいずれも閣僚として入閣しています。
 これは自民党の人事も似たようなものです。自分に近く、選挙に協力してくれた人をそれなりに処遇したいという欲求は、与野党共通のものだということでしょうか。

 第4に、今回の改造だけの特徴として注目されるのは、選挙対策が意識されているということでしょう。この党執行部と内閣人事によって、野田さんは来るべき総選挙と参院選を乗り切ろうと考えているようです。
 そのための人事として注目されるのは、政調会長に細野豪志環境相兼原発事故担当相、幹事長代行に安住淳財務相、国対委員長に山井和則国対副委員長を起用したことです。若くてイケメンと評判の細野さんを「選挙の顔」として活用したいということでしょう。
 また、閣僚でも、知名度が高くて人気のある田中真紀子さんを文科相にしたのは、選挙での「人寄せパンダ」として活躍してもらおうという意図なのでしょう。その前に失言などで問題を起こす可能性も十分にあり、この起用が成功するかどうかは分かりませんが……。

 ということで、「近いうち」に行われる可能性の高い総選挙に向けて、民主党は「戦闘態勢」を固めたということになります。対抗する自民党も、安倍総裁と石破幹事長を中心とした執行部を選出しました。
 新しい執行部の下で、両者の綱引きが本格的に始まることになります。当面の攻防は、臨時国会の開催と総選挙の実施時期をめぐって展開されることになるでしょう。

あわせて読みたい

「野田内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。