記事
  • ロイター

独バイエル、第2四半期は112億ドルの赤字 除草剤訴訟響く


[フランクフルト 4日 ロイター] - 独医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>が4日に発表した第2・四半期の純損益は95億ユーロ(112億ドル)の赤字となった。米国での除草剤の発がん性を巡る訴訟に絡み、109億ドルの和解金を計上したことが響いた。

除草剤「ラウンドアップ」を巡っては12万5000件に及ぶ訴訟が起こされているが、バイエルは6月、このうち75%相当について条件で折り合ったと明らかにした。

通年の一時費用は140億ユーロに膨らむ見込み。

第2・四半期の利払い・税・償却前利益(EBITDA)は5.6%増の28億8000万ユーロ。市場予想をやや上回った。

通年のEBITDA見通しは121億ユーロとし、2月時点での123億ー126億ユーロから引き下げた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。