記事

「生放送24時間に戻すのは時期尚早」ジュピターショップチャンネル・新森健之社長インタビュー(後編)

1/2

(コロナ以降)生放送に関わる社員の感染防止策は?

距離を保つのは勿論だが、班分け後は、一切他の班の社員と会わない体制を組んだ。班分けは使用するスタジオによって2つの大きなチームに分け、さらにそこから、それぞれを小さな4班に分け、計8チームに細分化した。“最悪の事態”を想定し、もし感染者が出た場合の感染リスクを最小限に抑える形だ。

スタッフ、出演者がたとえ一人でも複数のスタジオを出入りしてしまうと、その分、関わってしまう人数も自然と増える。これは、社員だけではなくオンエアに出る取引先のゲストさんも同様。現場はもうひっくり返っていたが、なんとか乗り切れた。

コールセンターも抱えている。注文を受ける体制に変化は?

一部を収録や再放送にしたとは言え、放送は24時間流している。つまり、24時間売り場は止めていない。コールセンターで毎時注文を受け付けて、配送センターから毎日商品を発送しないといけない。社員やその家族の健康は何より大切で、なるべく政府の要請に寄り添うことを目指したが、出社人数を2割まで落とすのはなかなか厳しく、正直、そこまではいけなかった。会社全体でおそらく6割程度は在宅、残りの4割が出社しているというのがやっとだ。コールセンターも密にならないようにある程度は出社人数を抑えた。

一方で、お客様が商品を待っている。また、商品を供給してくれているサプライヤーが準備してくれたものを売らないと、彼らの会社、生活にも関わる。非常に大変な時期だった。

現状のオンエア体制は?

5月18日まで生放送7時間体制を続けた。翌19日から3日間、毎年恒例の特別イベントがあった。お買い得商品がいっぱい出ますよ、という期間。この間だけ12時間生放送に。その後は再び7時間へ。宣言解除後の6月以降、現行の16時間生放送に変更した。生放送に関わる部門については班分け体制を維持しつつ、全社的な運用は緊急事態宣言時に比べると緩やかにした。出社率も一時期よりは上がっている。5割強ほどだ。

生放送は短縮したが、24時間放送は続けた

生放送以外は、前日に収録したものや、その日の生放送を再放送していた。収録を始めた4月上旬は、撮り貯めたものもなかったので、日に数度放送する「お買い得商品」の録画を何度も流して凌いだ。緊急事態宣言になったからと言って、体裁の整った収録番組をすぐに撮り貯めることはできない。だから、生放送時間を短縮する一方で翌日用の収録を行うということを続けた。

録画放送への移行での苦労は?

今回、生放送を大幅に短縮したことで、数時間前に流したばかりの放送を再びオンエアするケースが度々あった。従前、うちは生放送しかやっていなかった。そのため、「あれ、この放送、さっきも見たぞ」と疑問に感じられた方が、コールセンターに問い合わせるケースもあった。「どうなっているの」と。それぐらいイレギュラーな対応だった。

また、商品を販売する際も、放送中、お客様が迷われている間に買い逃さないように「あと5000個です」とか、洋服だったら「白が残りわずかです」と出演者がアナウンスする。しかし、同じものを数時間後に再放送すると、「残りわずかです」と出演者が放送で申し上げた色が実際には売り切れている場合もある。

オンエアを見て、急いで「白をください」と電話を頂いても、こちらは「すみません、売り切れてしまいました」と申し上げるしかない。そうしたら「売り切れと表示されてないじゃないか」という不満につながる。このような問い合わせが、録画に移行した当初、コールセンターに多く寄せられた。

どのような対策を打った?

テレビ画面に「生放送」「録画」と表記することに加えて、再放送する商品の選定を厳重に行っている。例えば、翌日に何度か放送する商品については「この商品で再放送して大丈夫か。在庫はあるのか?」とぎりぎりまで入念に確認する。緊急事態宣言後、お客様からもいろいろな声を頂戴したが、段々とどのように放映したら良いのか明確になってきた。それが、放映予定の打ち合わせにも生かされている。

緊急事態宣言後、現場に落ち着きを取り戻せたのはいつ頃か

コールセンターのアナウンスを緊急事態向けにしたり、放映のテロップ関係や番組内容などの見直し体制ができ、「手を打てた」と思えたのが、宣言が出てから2~3週間後。それぐらい時間を要した。ただ、いまだって完璧な状況ではない。つかみ切れていないことも多くある。

あわせて読みたい

「ジュピターショップチャンネル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  8. 8

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。