記事

社会が非モテ論壇に追い付いてきた(という不幸)

1/2

恋心すらセクハラ…若い男性が抱える「新しい生きづらさ」(清田 隆之) | FRaU


若い男性が恋心を持つのは簡単ではない、ハラスメントに相当するような恋心を抑えながら恋心を持つのは難事業になっている、といった内容のウェブ記事を見かけた。

サークル内の女性への親切さから恋心を持つことがあったとして、それは下心あるセクハラとみなされるのか、そうでないのか。これは、当該男女のコンテキストによっても解釈者の考え方によっても色々だろうが、文中のSさんは繊細なリテラシーに基づいて、自分の振る舞いはセクハラに相当したと悩み、後悔していた。続いて紹介されるMさんも、男性の加害者性を自覚するにつれて自己矛盾に陥り相当悩んでいる様子だった。

このSさんやMさんほど悩んだり自己嫌悪に陥ったりしている男性はまだ珍しいかもしれないとしても、男性が女性に声をかけるということ、男性と女性のコミュニケーションで気を遣う感覚は、昭和、平成、令和と時代が変わるなかでずいぶん変わったし、一般に、そうした変化は進歩とみなされるものだったと思う。

ただ、そうしたなかで男性が女性に声をかけること、さらには恋心を持つこと自体も難しくなったのではないだろうか。もちろん女性が男性に声をかけることもだ。婚活のように社会契約のとおりに男女がコンタクトをとる場合を別として、20世紀に想定されたような恋慕や恋愛のたぐいはどこまで許容されているのだろう?たとえば男性の場合、セクハラ可能性や加害性可能性を意識しつつ誰かに対して恋心を抱き、まして、そこから女性に対するアプローチしていくことはどれぐらい可能だろうか。

恋慕や性欲のブレーキとアクセルを同時に踏み込めば、自己矛盾に陥るだろう。その自己矛盾を克服するには、いわば"ある種の器用さ*1"が必要になるわけだが、そういう器用さを万人が持っているとも思えない。不器用な人は、恋慕や恋愛を敬して遠ざけるしかない。

まさに、十数年前にはてな非モテが議論してきた道だ

ところで、私は冒頭リンク先を読んでいて懐かしい気持ちにもなった。

というのも、こうした男性の自己嫌悪や自己矛盾やセクハラ可能性・加害可能性については、十数年前に"非モテ論壇"といわれたブロガーたちが議論や慟哭を盛んにアップロードしていたからだ。フェミニズムの考えに基づいて考察を重ねる人もいれば、もっと朴直に自己嫌悪と女性に対する加害性、ときには女性に対する迷惑性を嘆いて泣いている人もいた。しばしば議論が空転し、散らかっていたけれども、とにかくもちょっとしたブームがあったことを私は記憶している。


電波男
作者:本田 透
発売日: 2005/03/12
メディア: 単行本


ルサンチマン(1) (ビッグコミックス)
作者:花沢健吾
発売日: 2012/09/25
メディア: Kindle版


最強伝説黒沢1
作者:福本 伸行
発売日: 2013/07/20メディア:
Kindle版

そうした非モテの議論のなかには、たとえば『電波男』や『ルサンチマン』や『最強人間黒沢』といった作品もしばしば引用されていて、議論が、意識の高い人たちの空中戦ばかりではなかったことを断っておく。

そうした00年代の非モテの議論は、はてなダイアリーを中心地とする一部のブロガーだけの出来事、いわばコップのなかの嵐のようなものだった。非モテの議論と00年代の多数派の通念や慣習には、まだ大きなギャップがあった。恋愛信仰の名残がまだ残っていた時代だったから、というのもあるかもしれない。


しかし2020年からみると、00年代の非モテの議論が世の中を先取りしていたようにもうつる。つまり、非モテの議論と多数派の通念や慣習との間にあったギャップは縮小しているのではないだろうか。非モテが議論し抱えていた自己嫌悪や自己矛盾が、ごく一部のブロガーや意識の高い人だけが抱え込むものから、もう少し裾野の広い悩みへと広がってきているとしたら……。

あわせて読みたい

「恋愛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。