記事
  • ロイター

米英と日独の国債市場にかい離、コロナ対応や金利見通しが影響か


[ロンドン 3日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染が拡大し始めてから5カ月がたち、世界最大の4つの債券市場でかい離が生じている。

先進国の利回りが総じて過去最低水準付近にある中で、米国と英国では金利が大陸欧州や日本よりも急速に低下している。これは経済状況の違いを反映しているとみられる。

米30年債利回り<US30YT=RR>は7月に約20ベーシスポイント(bp)低下し、米国債の利回り曲線全体が持続的に1%を下回る状況が視野に入った。10年債利回り<US10YT=RR>も55bp低下し3月以来の低水準を記録した。

これに対し10年物独連邦債<DE10YT=RR>は7月に利回りが10bp上昇。日本国債<JP10YTN=JBTC>も15bp程度上昇した。

UBPのポートフォリオマネジャー、モハメド・カズミ氏は「新型コロナ感染症対策での成果の違いと、これが今後の(経済)再開に意味するものを踏まえれば、(米独国債のかい離は)成長期待と関係がある」と分析した。

また「財政の要因もある。米国は(新型コロナ追加対策を巡る)法案の可決で苦慮する一方、欧州は一時帰休対策がまだ有効なほか、欧州連合(EU)の復興基金に関する合意を受けて今後数年間の歳出拡大への期待が高まった」と指摘した。

米国は債務水準が上昇しており、フィッチ・レーティングスが先週末、格付け見通しを引き下げた。

しかしより大きな要因は、米連邦準備理事会(FRB)とイングランド銀行(英中央銀行)がマイナス金利を導入するという憶測かもしれない。

アリアンツ・グローバル・インベスターズのコア債券投資最高責任者ジュリアン・ルベロン氏は、中央銀行の資産買い入れが主要10カ国(G10)市場で国債利回りの安定に寄与しているが、相対的なバリュエーションからみて一部の債券市場は魅力が低下しているとの見方を示した。

英国債<0#GBBMK=>は8年物まで利回りがマイナスになっており、投資家がマイナス金利の導入に備えていることを示している。

米国では実質金利が既にマイナスで、4月末にドイツの実質金利を2012年以来初めて下回った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  4. 4

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  6. 6

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  7. 7

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  8. 8

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  10. 10

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。