記事

新型コロナウイルス 感染拡大から1月経過

本ブログでは繰り返し、テレビや新聞が大々的に「感染者数」として報道するPCR陽性者数の数のみでなく、重症者数や死者数の推移に注目して現状を検討すべきと書いています。

朝日新聞の記事などを引用して、「病床利用率があがっていますが」というようなコメントをいただきましたが、この病床利用率というデータも私は参考程度にしか見ていません。

何故かというと、大部分の入院は、無症状および軽症の患者だからです。若い俳優さんが感染し(軽症)、退院したニュースなど報道されていることから、皆さんもよくお分かりでしょう。

このウイルスが二類感染症に指定されているため、未だに法律上では軽症患者も入院が必要となっているからですね。

やはり、あくまで重症者数や死者数の推移に注目すべきと思います。下記が最新の厚労省のHPで確認できるデータです。


死亡者数は1000人を超えましたが、陽性者数が急増した6月以降、現在にいたるまで、それほど増加のペースは変わらず、ゆるやかです。

少なくとも陽性者数の急激な6月以降の増加と相関しているかというと、そうではないことが分かります。

これは下の二つ2のグラフの推移を見てもらえば明らかです。いずれも厚労省のHPからです。



重症者の数については、ほぼほぼ横ばいですね。全国の重症者数は80人台のまま、ほとんど変化なくこの1週間は経過しています。

重症者数の数字については、重症化する人が増えれば当然増加します。一方、良くなる人、死亡する人がでれば減少します。

ここのところの連日の推移をみていると、重症化する人が全国で数人は出つつ、一方で改善する人と最重症で死亡する人がいるので、ほぼ横ばいになっております。

東京都の重症者数をみると、やはり横ばいですね。


人工呼吸器など集中治療が必要な重症者数は都内全域で15名ということです。これも、増加はしておりません。

「感染者数(PCR陽性者数)が増加すると1-2週間遅れて重症者数も急増する」というのが、テレビやメディアでよく耳にする定説です。

もうPCR陽性者数が増加し始めてから、4-5週間経過しつつありますが、いかがでしょうかね。

時間が経つにつれて、日に日に、この定説が今の国内ではその通りには当てはまらないということが濃厚になってきていると思います。

3‐4月の感染急拡大期にも日本では欧米と比較して死亡率が低かったことは周知の事実ですが、この理由は未だに分かっていません。

日本で死亡率が低かった理由は、分からないからこそ「ファクターX」と未だに呼ばれていますね。

このファクターXについて興味深い説を先日読みましたので、次回紹介します。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    菅首相らしくない葬儀案の奇妙さ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。