記事

とんねるず石橋貴明 YouTube参戦で見せる「別格の存在感」

1/2
ファン垂涎の企画が目白押し(YouTubeより)

 お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明による公式YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』が、登録者数100万人を突破して話題を呼んでいる。芸能界デビュー40周年を迎えた“大御所”の実力は、若手芸人が群雄割拠するインターネットの世界でも大いに発揮されているようだ。

 昨年6月19日、それまでSNS未経験だったという石橋は突如として自身のInstagramアカウントを開設。翌7月に放送されたAbemaTV(現・ABEMA)の特別番組『石橋貴明プレミアム第3弾』の企画向けだったものの、わずか1日でフォロワー数が3万人を突破するなど大きな注目を集めることになった。

 次にインターネット上で動きを見せたのはちょうど1年後の今年6月のことだった。18日に自身のTwitterアカウントを開設し「よくわからないけど、マッコイにTwitterやれって言われ開設しました。すぐ飽きちゃうかも」とツイートしたのである。またもや反響を呼び、早くも数日後にはフォロワー数が20万人を超えている。

 さらに翌19日にはYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を開設。「『とんねるずのみなさんのおかげでした』のディレクター・マッコイ斉藤に、YouTubeやりましょうって言われ、何も知らないけどノリではじめちゃいます」とキャプションを添えて最初の動画を投稿した。やはり瞬く間に登録者数が増加していき、約1か月後の7月26日には100万人を突破することとなった。

 YouTubeに参戦するお笑い芸人や、YouTuberから芸能界に進出したタレントは今や珍しくないものの、テレビ界で確固たる地位を築いた大物芸能人がSNSをスタートさせて成功した例となると限られてくる。なぜ石橋は成功することができたのだろうか。お笑い評論家のラリー遠田氏はその理由を次のように解説する。

「石橋さんがYouTubeで成功した理由は、もともとファンが多かったことと、内容が面白かったことでしょう。言うまでもなく、とんねるずはテレビの歴史に名を残すカリスマ芸人であり、多くの熱心なファンに支えられてきました。今はテレビでもとんねるずとしてのレギュラー番組がなく、石橋さんのファンは彼の新たな活動を待ち望んでいたのだと思います」

 さらに、石橋がアカウントを開設する際に名前を挙げていた、ディレクター・マッコイ斉藤氏の存在も重要だとラリー遠田氏は指摘する。他のYouTubeチャンネルとは異なり、『貴ちゃんねるず』ではまるでテレビのような高クオリティの企画を実現することができたのである。

あわせて読みたい

「石橋貴明」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。