記事

ネット社会の弊害 (ちょっと前のメルマガより)

それにしても、何かと憂鬱な話題が多くて、なかなか明るい話題を見つけられませんね。

こういう時には「昔はここまで悪いニュースが氾濫してなかった」みたいな声をよく聞きますが、本当にそうでしょうか?

私はそういう風には思えないんですよね。昔も今も、基本的に愚かな人間がやっていることに大差はないのでは?と考えてしまいます。

酷さ的に言えば、ナチス台頭当時や文化大革命時代の方がよほど酷かったと思います。更に遡れば戦国時代の騒乱期や縄文人が弥生人に駆逐された時代もあまり幸せな時代ではなかったかも知れません。

昔と今の違い…昔は基本的にもっと自分の生活に集中して生きていたというか、他人の話や世の中の出来事まで気にする余裕もそれについて考える情報もなかったと思います。

よく「昔は○○だった・・」と言いますが、昔と今の区切りはどこにあるのでしょうか?私が思うに情報の伝達速度が大きく変わるたびに「昔は…」という人が増えるような気がします。

例えば、「ビフォア言葉アフター言葉」「ビフォア文字アフター文字」「ビフォア印刷アフター印刷」「ビフォア電話アフター電話」「ビフォアTVアフターTV」「ビフォアインターネットアフターインターネット」などです。

今の世の人が漠然と抱いている閉塞感や不安感はインターネットの普及によって齎(もた)されている部分が大きいように私は思います。確かに世界が煮詰まってきている部分はあるでしょうが、本来知らなくても良いことまで知らされてしまうことによる悪い影響がとても大きいような気がしてなりません。

インターネットは非常に便利です。でも、便利の裏には必ず、功罪で言えば「罪」の部分が存在していると思います。

例えば、自動車は便利ですし、経済活動的にも非常に重要です。

でも、それによって生まれる「罪」の部分は沢山存在します。最近やたら多い事故、また環境汚染、そういう目に見える部分以外にも数えられない程の「罪」の部分が存在します。

例えば、歩いて移動することによって本来得られる情報が得られなくなる--また運動量が圧倒的に減る--などの罪です。また原発などついてもその功罪については嫌ほど語られています。

しかし、インターネットの場合、その功罪において「罪」の部分、特に見えない「罪」の部分に関して語られることはあまりありません。よく言われるのは、ネット犯罪とか若年層のネット依存など非常に単純な問題ばかりです。

でもインターネットの一番大きな「罪」はそんなことではないと思います。

「本来知らなくても良いことまで知ってしまう」
「知ってもどうにもできないことまで知ってしまう」

これは人生にとって大きなマイナスだと思うんですよね。その重大さを理解できている人はそんなに多くないような気がします。

本来、個人個人にはそれぞれ出来ること、やらなければならないこと、社会的役割などが決まっていて、それに邁進している時に人は幸福感や充実感を感じるように出来ていると私は思っています。またそのように生きることにより最終的には社会的責任も果たし世の中に貢献することになるのではないでしょうか。

インターネットから余分な知識を得て、等身大の自分を見失う事がマイナスなのです。

いらぬ知識だけが増え、その知識を全く実社会にフィードバックできない人が増え続けています。つまりネット内の架空社会で完結してしまっているのです。

日本には「知らぬが仏」という素晴らしい格言もあります。

英語にも「Ignorance is a bliss」(無知は至福である)と言う言葉があります。投資などに関心がある人は、どうしてもインターネットを利用しなければなりませんが、その「罪」の部分についてもっと意識すべきではないかと最近つくづく思います。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  4. 4

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  6. 6

    アラジン 大半は山寺宏一の手柄

    fujipon

  7. 7

    パチンコ 倒産件数が前年上回る

    MONEYzine

  8. 8

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  9. 9

    年金問題 「国民に謝れ」は煽り

    青山まさゆき

  10. 10

    アベノミクスで望めぬ経済成長

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。