記事
  • ロイター

スペイン前国王、汚職疑惑捜査中に出国 行き先不明


[マドリード/サントドミンゴ 4日 ロイター] - バングアルディア紙とABC紙は、スペインを出国したフアン・カルロス1世前国王(82)がドミニカ共和国に滞在している、と報じた。

一方、ドミニカ共和国の首都サントドミンゴにある移民局は、前国王が最後に同国を訪れたのは2月28─3月2日だと説明。同国外務省も前国王の入国に関する情報はないとしている。

スペイン王室は3日、前国王が出国すると長男の現国王フェリペ6世に伝えたと発表。前国王に対しては、サウジアラビアでの高速鉄道建設計画を巡り裏金を受け取った疑惑が浮上し、スペインとスイス当局が捜査に乗り出していた。

バングアルディア紙によると、前国王は3日午前に車でポルトガルに移動、飛行機でドミニカ共和国に到着した。新たな落ち着き先を探す間、ここで家族とともに数週間過ごす。

3日の王室発表によると、前国王は国王への書簡で「私の私生活における過去のいくつかの出来事に対して国民の反響が広がる中」、国王が問題なく職務を遂行できるよう貢献したいとし、スペインを離れることを決めたと伝えた。

国王は、スペインの民主主義において、前国王の統治が象徴する歴史的重要性を強調した上で、前国王の決定に感謝すると伝えた。

フアン・カルロス1世は、フランコ総統が死去した1975年に即位し、長期にわたりフランコ総統により独裁体制が敷かれたスペインを民主主義国家に導いたとして国民の広い支持を集めた。ただ、近年はスキャンダルが頻発し、2014年に退位に追い込まれた。

前国王の弁護士は、出国しても前国王は捜査に協力する用意があると述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  4. 4

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  7. 7

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  8. 8

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  9. 9

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。